ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グロービスMBA講座 基礎編

【第5部:人・組織のマネジメント】
組織行動学と人的資源管理

株式会社グロービス
【第17回】 2008年1月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

人・組織のマネジメントには、部下の管理やリーダーシップなどを扱う組織行動学(OB)と、人員配置や評価制度などを扱う人的資源管理(HRM)という2つの領域がある。いずれも「人の行動メカニズム」に基づいている。両者の具体的な施策間で整合性を図ることが重要だ。

組織行動学と人的資源管理

 人・組織のマネジメントは、「組織行動学」(OB:Organizational Behavior)と「人的資源管理」(HRM:Human Resource Management)に分けて考えることができる。本書では、OBを「人や組織に影響を与える“個人の取り組み”」、HRMを「人や組織を動かしていくための“企業の仕組み”」ととらえることにする。

 OBとHRMは、社会学や心理学などから導き出された「人の行動メカニズム」(組織において人はどのように行動するかという基本原理)に基づいている。両者の違いは、人や組織に働きかける際に用いる方法にある。人の行動メカニズムを考慮しながら、OBではマネジャーなどの「個人の取り組み」によって、HRMでは評価制度などの「仕組み」をつくることによって、組織や人に働きかける。

 企業はOBの考え方とHRMの考え方とを組み合わせて人・組織のマネジメントを行うが、そのときに重要なのは、OBの個別の行動とHRMの具体的な仕組みとの間で整合性がとれていることだ。これらの間で矛盾があると、従業員は戦略目標を見失ってしまい、戦略が実現されないこともある。

 これまで、人・組織のマネジメント(とくにHRM)は人事部門の専管事項と見なされることが多かった。しかし、企業の競争優位の源泉となる「ヒト」と、ヒトの持つ「知識」や「知恵」の重要性が増している今日、人事以外の機能を担う部門のマネジャーもOBとHRMを理解する必要がある。

組織行動学の視点

 OBでは次の2つの側面について考える必要がある。

■個人、集団、組織:人の行動は、「個人」か、「集団」(目的を持った個人の集合)か、「組織」(目的を持った集団の集合)かによって異なってくる。たとえば、意思決定をする場合、要する時間やコンフリクトの多寡などに違いが生じる。そのため、それぞれの特徴を理解しておくことが、マネジメントを行ううえでは重要になる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
『[新版]MBAマネジメント・ブック』

ビジネスパーソンの問題解決や意思決定に貢献してきたビジネス・バイブル。MBA取得者の実務家が、最新の情報と理論を網羅しながらMBAコースのエッセンスを紹介している。 株式会社グロービス編著。2940円(税込)

話題の記事

株式会社グロービス

創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービス・グループの各事業を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。 グロービスのウェブサイト


グロービスMBA講座 基礎編

MBAのコアコースで学ぶエッセンスを網羅した基礎編。現実のビジネスに活用可能な形で経営理論のエッセンスを分かりやすく解説する。

「グロービスMBA講座 基礎編」

⇒バックナンバー一覧