ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

エース社員を新興国NPO・NGOへ派遣
名だたる企業が続々参加する「留職」とは何か

曲沼美恵 [ライター]
2013年4月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「会社では好きなことはできない。本当にやりたい社会貢献はボランティアで」と思う学生やビジネスマンがいたとしたら、それは大きな間違いかも知れない。世界の先進企業が今、こぞって取り組み始めているのは社員の胸の内にある「好きなこと」をいかにしてビジネスにするか、ということ。より正確な言葉で言うと、それは「志」である。日々の仕事に忙殺されることで忘れかけていた志を取り戻し、ビジネスを活性化させようという試みが、日本でも広がってきた。そのきっかけ作りに動いているのがクロスフィールズというNPO法人。彼らが提供する「留職」とは何かを通じ、企業にとっての「留職の魅力」を探った。(取材・文/ライター 曲沼美恵)

大企業の人事担当者が注目
「留職」とは何か

 3月14日の午後6時、東京都内の貸会議室に企業の人事担当者たちが続々と集まってきた。この日開かれたのは、クロスフィールズが主催する企業向けの「留職フォーラム」である。

 「留職」とは何か、そして、企業はなぜ今、留職にひかれるのだろうか?

 マッキンゼー・アンド・カンパニー出身の小沼大地氏とボストン・コンサルティング・グループ出身の松島由佳氏が共同でNPO法人「クロスフィールズ」を立ち上げたのは2011年5月のこと。彼らは企業の社員が一定期間、新興国に滞在し、現地の企業やNPO・NGOで働くことを通して現地にある社会的課題の解決に貢献し、自らも学ぶためのプログラムを「留職」と名付け、日本企業に提供している。

 2012年度の導入企業はパナソニック1社だけだったが、2013年にはテルモ、ベネッセコーポレーション、日立、NECが新たに加わり、現在はインドやインドネシア、カンボジア、ラオスなど東南アジアと南アジアにある合計9つの機関に、それぞれの社員を派遣、または今後派遣する予定だ。

 「International Corporate Volunteering(ICV)」と呼ばれるこうした試みは、アメリカやイギリスの企業では2006年頃からスタートしてはいたものの、当初は企業による社会貢献という意味合いでのみ認識されることが多かった。しかし今、そうした認識は大きく変わりつつあるという。

 背景にはいったい、何があるのだろうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

曲沼美恵[ライター]

1970年生まれ。大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2002年からフリーに。近年はビジネス誌やウェブサイトで、ルポルタージュやインタビュー、コラム等を執筆。近著に『メディア・モンスター:誰が黒川紀章を殺したのか?』(草思社)がある。仕事に関する情報はブログでも紹介中。「ニュース」より「人」に興味あり。

 


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧