ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマート・ウーマン スマート・リーダー

「世界中の人の思いを実現させたい」(READYFOR? 代表・米良はるか)――古川享が聞き出す今を駆けるスマート・ウーマンの本音

林 正愛 [アマプロ株式会社社長]
【第10回】 2013年4月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

元マイクロソフト日本法人の会長で、現在は慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の古川享さんをホストに迎えて、古川さんが日本を変えていく存在と期待を寄せるスマート・ウーマンの方たちとの対談を掲載しています。米良はるかさんは、日本で初めてクラウドファンディングのサイトを立ち上げ、設立から1年で2万人の人が参加するサービスとして日本に定着させました。ネットの力を使い、世の中で熱い思いを持った人たちが自分の思いを実現させる手伝いをしたいと熱く語ります。

夢を応援する仕組みを立ち上げたい

古川享(以下古川):米良さんは、慶應義塾大学経済学部の3年生在学中にスパイシー(「あのひと検索 スパイシー」)を立ち上げ、その後、KMD(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科)に入学後、チアスパ、READYFOR? (レディフォー)とインターネット・サービスを時代の要求にマッチさせながら軸足をシフトし、発展させてきましたよね。スパイシーを見たときは、このままでも企業にライセンスをしたり、このサービスをビジネスとして確立できるかもしれないと思っていたところ、あえて寸止めで止めたという印象だけど。

めら・はるか
READYFOR? 代表。2012年慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了。2010年スタンフォード大学へ留学、帰国後にオーマ株式会社取締役に就任。2011年3月日本初のクラウドファンディングサービスREADYFOR?の立ち上げを行う。同サービスは現在約1億6000万円の流通額を誇り、国内最大規模として展開されている。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出され、日本人史上最年少でスイスで行われたダボス会議に参加した。
Twitter: @myani1020
Facebook: haruka.mera
Photo by Sam Furukawa

米良はるか(以下米良):スパイシーは、100万人分のデータを持っている人物検索サービスですが、その人の経歴だけでなく、人物相関図まで見せるサービスです。ウェブ上にある、その人に関連した情報を勝手に抽出してくる技術をもっていて、相関図も自動的に作られます。もともとは、大学のインターゼミで知り合った東京大学の松尾豊准教授が持っていたアルゴリズムをビジネス化したのがスパイシーです。

古川:検索すると、最初にこの人とこの人はつながっている、というのが相関図として表示され、その中心にいる人物と関係のある別の人を中心にマウスなどで移動すると、そちらを中心にした相関図に変化する。私自身が、この人とどんなつながりがあったのか?と思うような、自分が意識していない人間関係が、社会の中ではこうみられているのだという発見があり、実体としてそうなっていたのだという再発見が一瞬にして画面上の相関図から見えてしまう。本当は直接付き合いのない人でも友人経由で実はつながっていることが分かったり、人間関係を相関図で俯瞰してみるというのは面白いなと思った。

米良:サービスを始めた当時は、人間関係を俯瞰して見せるというのはほかになかったですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

林 正愛 [アマプロ株式会社社長]

りん・じょんえ/BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ、ファイナンシャルプランナー、英検1級、TOEIC955点。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業。British Airwaysに入社し、客室乗務員として成田―ロンドン間を乗務。その後中央経済社、日本経済新聞社にて、経営、経済関連の書籍の企画および編集を行う。2006年10月にアマプロ株式会社を設立。仕事を通じて培ってきたコミュニケーション力や編集力を活かして、企業の情報発信をサポートするために奔走している。
企業の経営層とのインタビューを数多くこなし、その数は100名以上に達する。その中からリーダーの行動変革に興味を持ち、アメリカでエグセクティブコーチングの第一人者で、GEやフォードなどの社長のコーチングを行ったマーシャル・ゴールドスミス氏にコーチングを学ぶ。現在は経営層のコーチングも行う。コミュニケーションのプロフェッショナルが集まった国際団体、IABC(International Association of Business Communicators) のジャパンチャプターの理事も務める。2012年4月から慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科で学んでいる。2児の母。


スマート・ウーマン スマート・リーダー

日本経済の屋台骨を支えてきた製造業が苦しむ中で、さまざまな技術革新が生まれ、グローバル競争の新たな舞台となっているIT業界。いまやあらゆるビジネスがITを抜きにしては、競争力が立ちいかないのが現状だ。男性のイメージが強いIT業界で、実は多くの女性たちが活躍している。IT業界やそれに関わる仕事をして活躍している女性たちに焦点を当てながら、新しい競争の時代のリーダー像を紹介していく。
 

「スマート・ウーマン スマート・リーダー」

⇒バックナンバー一覧