渡邉静代の「休みの日のごはん」
【第11回】 2013年10月29日 渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

第11回
鯛1匹を料理する
~鯛飯、松皮造りの刺身、潮汁~

 

第11回 鯛1匹を料理する(鯛飯、松皮造りの刺身、潮汁)

「目出度い(鯛)」という語呂から縁起の良い高級食材としてお馴染みの「鯛」ですが、春は「桜鯛」、秋は「紅葉鯛」と称せられ、ともに春と秋が旬です。

 桜や紅葉などを始めとしたさまざまな植物の色彩で季節の移り変わりを楽しめるのが日本の四季の良さですが、「食欲の秋」と言われるこの季節。見た目の美しさはもちろんのこと、舌でも季節のおいしさを存分に味わいたいものですね。

 今回の「休みの日のごはん」では、七五三やお正月などの節目の行事のメニューとして知っておくと重宝する、ちょっと贅沢な鯛をまるごと1匹使った料理をご紹介します。

 鯛の頭を「潮汁」に、骨付き半身を「鯛めし」に、残りの半身を「松皮造りの刺身」にして、鯛1匹で3品作りますので、普通の大きさの鯛でも4~5人分のご馳走が出来上がります。高級食材ではありますが、鯛の大きさによってはさらに大人数でも楽しめますので、実はそれほどお値段もかさばりません。

「切り身ならともかく魚まるごと1匹なんて難しそう!」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、魚をさばくのが苦手な方は魚屋さんに下処理をお願いしましょう。もちろん鯛をまるごと1匹買わなくても、アラや切り身でもOKです。

 魚屋さんにお願いする場合は、「しっかりと鱗を取って、頭は潮汁用にお椀に入る位にカット、身は2枚に卸して、骨付きの身は焼き用に切り身に。骨なしの方の身は松皮造りにするので皮は取らずに刺身用に」と伝えましょう。これなら捨てるのは内臓だけです。

 養殖物も天然物も、目が澄んで弾力があり、腹が引き締まっている物を選びましょう。予算に余裕がなければ養殖物でもしっかりと塩をして30分以上寝かせれば天然物に近い味になります。

 なお「松皮造り」とは、お湯を掛けた時の皮目が松の皮の様になることから付いた料理用語です。日本料理は何とも風情がありますね。春は桜の塩付けを、秋は菊の花びらを添えると、より季節感が味わえます。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

女子栄養大学・短期学部卒。懐石料理教室の助手を経て、自宅で渡邊静代クッキングサロンを開設、今年で10年目を迎える。料理本のスタイリストや、広告の料理・コーディネートも手がける。

 


渡邉静代の「休みの日のごはん」

働き盛りの方々にとって、休日の食卓は身体を芯から休める癒しの時間そのもの。クッキングアドバイザーの渡邉静代先生に、夫婦で作っても、皆で作っても楽しく美味しい、「休日のお手軽レシピ」を教わります。普段の食事にも、おもてなしにも活用できる華やかなメニューは、忙しいあなたの強い味方です!

「渡邉静代の「休みの日のごはん」」

⇒バックナンバー一覧