渡邉静代の「休みの日のごはん」
【第8回】 2013年7月30日 渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

第8回
本格麻婆豆腐とさわやかピクルス

 

第8回「本格麻婆豆腐とさわやかピクルス」

 いよいよ夏真っ盛り。暑いときは辛いものを食べて、しっかりと汗をかくことが夏バテ防止になります。今回の「休みの日のごはん」では、本格的なレシピの麻婆豆腐と、夏にピッタリの爽やかピクルスをご紹介します。本格麻婆豆腐は、香辛料をたくさん使うのが美味しさの決め手になりますので、しっかり中華食材を揃えてからお試し下さい。

 ここで少し、今回のレシピで使う中国食材についてご紹介しましょう。

「豆板醤」の原料は空豆。唐辛子などで発酵させた調味料です。なめると辛いだけですが、加熱させると良い香りが出ます。

「豆鼓」とは、黒豆を塩・麹で発酵させた物。日本の大徳寺納豆に似ています。

「花椒(ホアジャオ)」とは中国山椒のことで、日本の山椒とは種類が異なります。舐めると舌が痺れる辛さで、麻婆豆腐の「麻」とは花椒を意味しています。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

渡邊静代 [クッキングアドバイザー]

女子栄養大学・短期学部卒。懐石料理教室の助手を経て、自宅で渡邊静代クッキングサロンを開設、今年で10年目を迎える。料理本のスタイリストや、広告の料理・コーディネートも手がける。

 


渡邉静代の「休みの日のごはん」

働き盛りの方々にとって、休日の食卓は身体を芯から休める癒しの時間そのもの。クッキングアドバイザーの渡邉静代先生に、夫婦で作っても、皆で作っても楽しく美味しい、「休日のお手軽レシピ」を教わります。普段の食事にも、おもてなしにも活用できる華やかなメニューは、忙しいあなたの強い味方です!

「渡邉静代の「休みの日のごはん」」

⇒バックナンバー一覧