ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】ヤフー
6年ぶりの好業績で発進した
新体制「爆速」経営の急所

2013年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

15期連続で増収増益を続けていたものの閉塞感が漂っていたヤフー。電撃的なトップ交代により誕生した新体制は、「爆速経営」によりさらなる飛躍を遂げている。だが、あまり語られない「急所」が隠されている。(「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志)

 昨年4月、ヤフー社長兼CEOの宮坂学は悩んでいた。就任直後ながら、ある企業を傘下に収める提携案の検討をしていたからだ。

 前社長の井上雅博に相談しても、「話は聞くが、やれともやるなとも言わない。自分で決めなさい」と言うばかり。330億円という大きな出資に至るまで、散々悩んだ揚げ句、宮坂は「ワイルドな選択肢を取る」と社長就任1カ月目にして決断を下した。

 提携相手は、オフィス用品通販大手のアスクル。ヤフーは月間約5000万人の集客力を誇る国内最強のポータルサイトで、2430万人がクレジットカードや銀行口座を登録している決済サービスも持つ。ただ、物流や仕入れに関してはほぼ手つかずで、アスクルの「当日・翌日配送」の物流機能や商品調達力に狙いをつけたのだ。

 「201×年(遅くとも19年)3月期までに営業利益を2倍にする」という目標を掲げる宮坂体制スタートの号砲が鳴った。

 これを機に宮坂は、積極的な提携戦略を仕掛けていく。カルチュア・コンビニエンス・クラブ、グリー、LINE、クックパッド……。提携先はいずれも、その業界のトップ企業だ。

 これは、ヤフー社内で、「オンリーワン戦略」と呼ばれているもの。各サービスの玄関口であるポータルサイトには、それぞれの分野でトップクラスのサービスがなくてはならないという考えがある。

 中には、ゲームのように自社のサービスをあえて廃止し、提携先のものを導入して強化する徹底ぶり。執行役員社長室長の別所直哉は「最高のサービスがすべてそろっているという意味で、日本で本当のポータルサイトはヤフーしかない」と自信を見せる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧