ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「がんばれば夢はかなう」は本当なのか?
【第2回】 2013年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
為末 大,松田悠介 [NPOティーチ・フォー・ジャパン代表]

自分をダメだと思う高校生は65%!
夢を持つことを許されない子どもたち

1
nextpage

夢を描く以前に、今の子どもたちは夢を持っていない子が多い!?そして、その原因は大人にあるのでは…。陸上選手として栄光と挫折を経験してきた為末大さんと、優秀な人材を学校に送り込む活動を展開する教育系NPOティーチ・フォー・ジャパン代表の松田悠介さんに、夢をテーマに語っていただきました。(全3回:撮影 宇佐見利明)

夢を持てない子が急増中。これは
「現実を見ろ」という大人の責任!?

松田前回、自分の夢がかなわない、と知ってしまったときにどうするか、といったことについて話をうかがいましたが、僕が教育現場で感じたのは、そもそも夢を持っていない子どもたちが多いということでした。

為末 それは問題ですね。今の子どもたちは、どうして夢を持てないのですか。

松田 自尊心が低くて、夢を持ってもどうせうまくかないと考えているようです。財団法人日本青少年研究所の調査によると、「自分が価値のある人間と思うか」という質問に対して、アメリカが57.2%、中国が42.2%「全くそうだ」と答えているのに対して、日本人は7.5%しかおらず、「まあそうだ」を含めても36.1%。逆にいえば、65%近い人たちが自分はダメだと思っているわけです。筑波大学の調査でも、将来に希望があると答えた中学生は、中国は9割を超えているのに、日本は3割弱しかいないんです。

為末 大(ためすえ・だい)
1978年広島県生まれ。2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲得。さらに、2005年ヘルシンキ世界選手権でも銅メダルと、トラック種目で初めて日本人が世界大会で2度メダルを獲得するという快挙を達成。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3大会に出場。“侍ハードラー“の異名を持つトップアスリート。2003年に大阪ガスを退社し、プロに転向。2012年6月、大阪で行われた日本陸上競技選手権大会を最後に、25年間の現役生活に終止符を打った。Twitterフォロワー16万を超え「知的に語れるアスリート」として、言動にも注目が集まる。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリートソサエティ」を設立。現在、代表理事を務めている。著書は、『走りながら考える』(ダイヤモンド社)、『諦める力』(プレジデント社)、『負けを生かす技術』(朝日新聞出版)等多数。

為末 同じようなデータを見たことがあります。これは文化的な背景があるのでしょうか。

松田 僕は文化というより大人の責任だと思います。子どもたちは生まれもって自信がないわけではありません。それが証拠に小学生までは、多くの子どもたちが夢を持っているんです。将来、何になりたいか聞いてみると、「パティシエになりたい」とか、「プロ野球選手になりたい」とか、みんな何かしらの夢を語ってくれます。

 ところが中学に入った途端、夢を語ることがタブーになってしまう。大人側が「プロなんて本当になれると思ってるのか」とか「現実を見なさい」、「とにかく受験だ」とか言うから、「夢を追いかけることは悪いことだ」と思ってしまうんです。その結果、一回も本気で夢を目指さないまま、夢を持つことすらやめるようになる。

 これでは人が育つはずがありません。人が資源であるこの国で、こういうことを続けていると、相当に厳しいことになると思います。

「I can」と「They want」
この二つで人は頑張れる

松田 いま子どもたちに伝えているのは、「I want」と「I can」です。パティシエになりたいというのは「I want」で、小学校のときにみんなwantを持っています。ただ、そこに「自分だってやればできるんだ」という「I can」が加わらないと、夢に向かって進んでいけない。子どもたちの自己肯定感をいかに高めるか。それが、いま教育が抱えている課題の一つです。

為末 僕の「かけっこ教室」でも、子どもたちにハードルを飛んでもらうときには、かなり低い高さから始めるんです。それが成功してだんだん高くすると、最後にはけっこう高いところまで飛べる。できなかったことができるようになること、そして自分で飛ぼうとしたということ。それが自信になって、いい結果につながっていく。学校でも、そういうやり方ができるといいですが。

松田 日本の教育は、ずっと○×方式で評価してきましたからね。この弊害は大きいと思います。たとえば英語。日本人は中高大で10年間勉強しているのに、道端で外国人に話しかけられても話せない人が多いですよね。これは、完璧に話せないと×だと思ってしまうから。べつに100点じゃなくてもいいのに、子どもたちは減点が怖くなってしまう。

為末 子どもたちに前向きな気持ちになってもらうには、「They want」も必要でしょうね。職業はそもそも誰かのために、そして誰かが求めてくれる「They want」がないと成立しないし、まわりがそれを認めていないと、本人もやる気が続かない。

松田 そう思います。「よくできたね」と声をかけて、承認欲求を満たしてあげることが、子どもたちの自己肯定感につながっていきます。「They want」をデイリーに感じさせてあげることが、大人の役目だと思うんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


為末 大(ためすえ・だい)

元プロ陸上選手。
1978年広島県生まれ。2001年エドモントン世界選手権で、男子400mハードル日本人初となる銅メダルを獲得。さらに、2005年ヘルシンキ世界選手権でも銅メダルと、トラック種目で初めて日本人が世界大会で2度メダルを獲得するという快挙を達成。オリンピックはシドニー、アテネ、北京の3大会に出場。“侍ハードラー”の異名を持つトップアスリート。男子400mハードルの日本記録保持者でもある(2012年10月現在)。
2012年6月、大阪で行われた日本陸上競技選手権大会を最後に、25年間の現役生活に終止符を打った。Twitterフォロワー13万以上(2012年12月現在)、「知的に語れるアスリート」として、言動にも注目が集まる。
著書は、『走りながら考える』(ダイヤモンド社)、『走る哲学』(扶桑社新書)、『決断という技術』(共著、日本経済新聞出版社)、『日本人の足を速くする』(新潮新書)など多数ある。
爲末大学 http://tamesue.jp/

 

松田悠介(まつだ・ゆうすけ) [NPOティーチ・フォー・ジャパン代表]

1983年、千葉生まれ。全米で就職ランキング第1位になったティーチ・フォー・アメリカ(TFA)の日本版「ティーチ・フォー・ジャパン(TFJ)」創設代表者。大学卒業後、体育科教諭として中学校に勤務、その後、千葉県市川市教育委員会を経て、ハーバード教育大学院修士課程(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、外資系コンサルティングファームPricewaterhouseCoopers を経て、2010年、NPO法人Teach For Japanを設立、現在に至る。世界経済会議Global Shapers Community メンバー。2014年「今年の主役100人」選出。京都大学大学院特任准教授。


「がんばれば夢はかなう」は本当なのか?

一度掲げた夢は、もう変えられない? 夢がかなわないと悟ったときにはどうする? プロ陸上選手としての人生にピリオドを打ち、次のキャリアへと踏み出した為末大さん。体育教師からハーバード留学を経て、NPO活動に打ち込むようになった松田悠介氏。キャリアを自在に変えてきたお二人に、夢の見つけ方、キャリアチェンジについて語っていただきました。

 

「「がんばれば夢はかなう」は本当なのか?」

⇒バックナンバー一覧