ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ベストセラー対談
【第4回】 2013年1月9日
著者・コラム紹介バックナンバー

アスリートもビジネスマンも、
「2回の人生(キャリア)」を生きる時代

1
nextpage

『採用基準』を刊行したマッキンゼーの元採用マネジャー・伊賀泰代氏と、
元400メートルハードル銅メダリストでTwitterのフォロワー13万人超えの「走る論客」為末大氏。一見異なる経歴の2人だが、プロフェッショナルとして激しい競争の世界で戦ってきた点では同じ。
連載1回目は、ますます厳しい時代に突入する中、これからのキャリアのあり方について語る。

伊賀泰代氏
1993~2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタントおよび、人材育成、採用マネージャーを務める。現在は、キャリアインタビューサイト MY CHOICEを運営、リーダーシップ教育やキャリア形成に関する啓蒙活動に従事する、キャリア形成コンサルタント。

誰よりも努力したアスリートが「努力教」を否定!?

伊賀 為末さんの『走りながら考える』を読ませていただき、共感する部分がたくさんありました。特に、世間的な常識とは反対のことを書かれている点など。

為末 「反対のこと」ですか?

伊賀 「やればできるは幻」なんて、トップアスリートの為末さんが言い切ってしまっているところとか。
 自分の限界を知り、強みを活かして人生を考える。

闇雲に何かを頑張るというのではなく、戦略的に物事を考えていくという点は、マネジメントに非常に近いと思います。アスリートの方の本なんだけれど、ビジネスの世界にも通用する話がたくさん書かれていました。

為末 競争の世界に身を置くアスリートがそんなことを書いてしまっていいのかと、よく驚かれます。

伊賀 たしかに、スポーツの世界は根性論や「できないのは努力が足りないからだ」的な【努力教】信者が特に多そうなイメージです。

為末 そうですね、いまだに多いと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
われわれはいかに働き どう生きるべきか

われわれはいかに働き どう生きるべきか

P.F.ドラッカー 述/上田 惇生 訳

定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年1月

<内容紹介>
寿命が延びたからこそ生じる、仕事、キャリア、生きがいの問題――毎日を生きる心得、そしてハウツーを語った幻のインタビュー、初の活字化。すぐれたマネジャーはどのように考え・行動しているかのみならず、よき人生をいかに生きるか、その指針をを示してくれる。ドラッカー教授の温かい眼差しに満ちた一冊。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



ベストセラー対談

多くの読者に支持されるベストセラーの著者が、それぞれの著書に込めた思いや互いの著作についての感想を語り合う。対話から生まれる化学反応が、ベストセラーを読み込むための新たな視点やヒントを提供する。

「ベストセラー対談」

⇒バックナンバー一覧