ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本経済の憂鬱
【第2回】 2013年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐和隆光

アベノミクスが目論む国家資本主義の復活【後編】

1
nextpage

アベノミクス効果はどこまで続くのか?株高・円安は5月22日まで順調に進んだ後、乱高下が続いている。『日本経済の憂鬱 デフレ不況の政治経済学』(6/27刊行)の著者・佐和隆光教授によるアベノミクス分析の後編をお届けする。アベノミクスは小泉元首相が手がけた自由至上主義的な経済政策と一線を画するどころか、まったく対照的な国家資本主義と見てとれる。

中曽根・小泉と安倍の大いなる違い

 自民党政権をになった過去の宰相のうち、中曽根康弘と小泉純一郎を私は高く評価する。ふたりとも、筋金入りの保守主義者だったからだ。

 保守主義者とは、次の2つの条件を満たす人のことをいう。第1に、伝統を保守するという意味で国家主義者であること。第2に、経済政策の面では市場主義、すなわち自由で競争的な市場経済の機能に全幅の信頼を置き、官から民へ、規制改革、小さな政府をモットーとして掲げる。中曽根と小泉両元首相が、これら2つの主義を貫き通したことはあらためての説明を要しまい。

 自他ともに許す自民党極右の安倍が、国家主義者であることに異論をはさむ余地はない。民主党政権の経済無策の虚につけこみ、アベノミクスの見取り図を描いた、機を見るに敏な安倍の黒子参謀には恐れ入る。

 「経済を、取り戻そう」とのスローガンを掲げ、「デフレ・円高からの脱却を最優先に、名目3%以上の経済成長を達成します」と選挙公約で謳(うた)いあげた。「脱原発」を一大争点にしようとする他党の裏をかいてみせ、エネルギーに関しては「遅くとも10年以内には持続可能な『電源構成のベストミックス』を確立します」という曖昧な表現にとどめた。

 参謀の企てたポピュリズム的戦略・戦術は、みごとに功を奏した。私が想像するに、脱原発を声高に唱えていた「衣食足らざる」無党派有権者のかなり多くが、これはこれ、それはそれ、「3%以上の経済成長」にいたく魅了され、自民党候補に票を投じ自民圧勝への道を切り拓いたのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐和隆光(さわ・たかみつ) 滋賀大学長。京都大学名誉教授。専攻は計量経済学、エネルギー・環境経済学。経済学博士(東京大学、1971年)。

1942年和歌山県生まれ。東京大学大学院経済学研究科修士課程修了後、同大学助手、1969年に京都大学経済研究所助教授、スタンフォード大学研究員、イリノイ大学客員教授などを経て80年より京都大学経済研究所教授。京都大学経済研究所所長、京都大学大学院エネルギー科学研究科教授、国立情報学研究所副所長などのほか、国民生活審議会、交通政策審議会、中央環境審議会の各委員を歴任。1976年よりEconometric SocietyのFellow。1995年より2005年まで環境経済政策学会会長。2007年11月紫綬褒章受章。『計量経済学の基礎』(東洋経済新報社、1970年度日経・経済図書文化賞受賞)をはじめ、『経済学とは何だろうか』(岩波書店、1982年)、『平成不況の政治経済学』(中央公論社、1994年)、『漂流する資本主義 危機の政治経済学』(ダイヤモンド社、1999年)、『グリーン資本主義』(岩波書店、2009年)など著書多数。


日本経済の憂鬱

政治は極右、経済はオールド・ケインジアンという矛盾だらけの安倍晋三政権は、本当に日本を復活に導けるのか?『日本経済の憂鬱 デフレ不況の政治経済学』刊行を記念して、同書の核にもなっている、アベノミクス正体解明のエッセンスをご紹介します。

「日本経済の憂鬱」

⇒バックナンバー一覧