ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

実需に対して、真っ向勝負!「くまモン」熊本県の
“電動カート&次世代車”普及大計画

――超小型モビリティの可能性を探る旅⑧

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第157回】 2013年8月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

高齢者の気持ちを大切にする
熊本県のキメ細かい社会実証実験

 “実需”とは何か?
 つまり、“使う人にとって本当に役に立つ”とは何か?

 筆者はいつも、そう自問自答しながら、全国各地・世界各地で超小型モビリティなど、“次世代パーソナル移動体”の取材を進めている。そうしたなかで、気になった自治体があった。

 それが、熊本県だ。

JR肥後大津駅南口。電動二輪車パーク&ライド、やってるモン! Photo by Kenji Momota

 最近は「くまモン」人気で全国で知名度が急上昇の同県。だが、ホンダの電動カート「モンパル」、電動二輪車、EV、PHEV(プラグインハイブリッド車)など次世代電動車において、総括的かつ詳細な社会実証実験を行っていることは、県外でほとんど知られていない。

 また超小型モビリティについても、熊本県は今年6月4日、ホンダと「マイクロコミュータープロトタイプ」を使用した社会実証に関するMOU(Memorandum of Understanding/了解覚書)を締結。目的は、「県内各地における移動の問題の改善と、それに伴う地域の活性化、観光地としての新たな魅力の創出に加え、環境エネルギー問題にも取り組み、各施策の効果検証を行う」という(ホンダプレスリリースより抜粋)。

 こうした同県の次世代車普及計画の全容については後述するとして、最初に、全国では極めて稀な、同県の“電動カート社会実証試験”について取り上げたい。

 今回、この実証試験の現場を巡ることで、超小型モビリティを含めた、次世代パーソナルモビリティの「あるべき姿」が徐々に見えてきた気がした。実証の現場を2ヵ所、紹介する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧