司会 先ほど本をよく読んでいるということを伺いましたが、どんな本を読みますか?

本田選手 僕は小説は一切読まないんです。フィクションはあまり興味がなくて。

 成功者の方々の本を読んで色々なロールモデルを学ばせていただいていますけど、例えばユニクロの柳井さんやジョブズなどがありますけど、最近でいうとドラッカーの本はすごく読んでいます。「すごいことを言う人だな」って。

 経営哲学や倫理や組織論だったり深く生涯をかけて追求した人だったので、組織の話をいろいろな例えを使って教えてくれるので、すごい勉強になりますね。

司会 他の選手と本の話をしますか?

本田選手 代表のテーブルでは、本の話はしませんね(笑)。

 ただ、マコ(長谷部選手)とだったらできるかもしれませんね。マコは本が好きですね。白洲次郎の本を読んでいた時に、たまたまカバンが開いていて、それをマコが見て「白洲次郎読んでんだ」って言われまして。「なんで白洲次郎を知ってんの?」ってなりましたね。だから多分マコは僕より本を読んでいると思いますよ。

 最近、最後までいかないんですよ、なんかフィットしないんでしょうね。そんなことありません? 3日空いたりとか。読むと結構集中して一気に読んじゃいますけどね。本を読んでいいことが書いてあれば、ノートに忘れないようにつけているんですよ。

司会 レーシックの手術後の結果に満足していただけているとしたら、どんな人にオススメですか?

本田選手 もちろん、満足しています。勧めたいのは、もちろん一般の方もそうですけど、やはりスポーツ選手ですね。さきほども言ったように特にプロスポーツ選手というのは細かいんですよ。ミリ単位なんです。一般の方からすれば僕みたいな大胆な発言する人は大雑把と思うかもしれませんが、すごく繊細な部分で作業していて、それを試合に向けて、普段から細かい同じことの繰り返しなんですよ。そのなかで「見えない」というストレスを抱えるのは本当に悪影響です。

 それは間違いないですよ。だから一番変わるのは、野球選手や瞬間的にボールを捉えるスポーツ選手は、やれば絶対変わりますから。