ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高円宮妃久子さまのIOC総会 お言葉に学ぶリーダーのスピーチ
2013年9月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木繁範 [リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント]

高円宮妃久子さまのIOC総会
お言葉に学ぶリーダーのスピーチ

1
nextpage

格調の高さ、洗練された英語、美しい言葉遣い、そして気品のある話し方。高円宮妃久子さまがフランス語と英語で行った、9月7日のIOC総会におけるスピーチは、伝統的かつ正統なスピーチの極みとも言えるものだった。本稿では、デリバリー(話し方)とコンテンツ(話しの中身)の二つの側面から、人を動かすスピーチのポイントを見ていく。

直接、語りかけるように話す
デリバリーの三つの技術

 久子さまのデリバリーの最大の特徴は、IOC評価委員一人一人に、直接、語りかけるように話した点です。聴衆全体を一まとめにとらえた話し方ではありません。具体的に、三つの技術を駆使していました。

 一つ目は、話の「間合い(ポーズ)」です。的確な間合いを取りながら話をすることで、聴衆が話し手の言葉を噛みしめ、情景を頭に思い描きながら聴くことが可能となります。また、その間に、聴衆に視線を送ることが可能となります。久子さまは、文章を一気に語るのではなく、意味を把握しやすい複数の単語のかたまりごとに、しっかりと間合いを取りました。

 二つ目は、言葉の「強調(アクセント)」です。大切な言葉を強めに発音することで、特に聴衆に伝えたい思いを強調することが可能となります。久子さまは、IOC評価委員一人一人に呼びかけるように話すために、以下の例にあるように、「個人的に」「それぞれの」「個々の」といった言葉を特に強調して話しました。

 三つ目は、聴衆への「視線(アイコンタクト)」です。聴衆に対して視線を送ることで、「あなたに対して話をしている」ということをしっかり伝えることが可能となります。欧米では、話をする時に、相手の目を見ることが大切です。目を合わせない人は、嘘をついている、隠し事をしていると思われるからです。

 しかし、今回のように、大勢の聴衆の前で話をする時は、すべての人、一人一人の目を見て話をすることは困難です。そのような場合は、中央、左右、会場が広い場合には、さらに手前と奥というように、聴衆を区切り、それぞれに位置する人たちをしっかり見ることが大切です。それにより、聴き手は自分に対して語りかけてくれているように感じやすくなります。

 久子さまは、その目の動きから、テレビカメラを注視するのではなく、細やかに聴衆に視線を送っていたことがうかがえます。演台の右方のひな壇中央に座るジャック・ロゲ会長を始めとする、IOC評価委員一人一人を意識して、それぞれに思いを伝えようと強く意識していることが感じられました。

 上記3点の他にも、スッと伸びた背筋、キリッと引き締まった表情と時折見せる笑顔による、オンとオフのメリハリの利いた表情などが、威厳と品格を形作っていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • 高円宮妃久子さまのIOC総会お言葉に学ぶリーダーのスピーチ (2013.09.24)
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木繁範 [リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント]

リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント。ロジック・アンド・エモーション代表。
1963年福岡県北九州市生まれ。1987年に同志社大学経済学部を卒業後、日本興業銀行に入行。1990年にソニー株式会社に入社。盛田昭夫会長の直属スタッフとして企業外交を補佐、その間にスピーチ・ライティングを学ぶ。1995年から97年までハーバード・ケネディ・スクールに留学、公共経営学修士号を取得。帰国後、2001年まで出井伸之社長の戦略スタッフ兼スピーチ・ライターを務める。ソニーでは計100本以上のスピーチ・サポートを手がけると ともに、IT戦略会議の議長補佐として、IT国家戦略の策定にも携わる。その後、数社にて経営改革に携わり、2009年に経営コンサルタントとして独立。リーダーシップとコミュニケーションを専門とし、経営者やリーダーの組織求心力と影響力の向上を実現するためのメッセージ発信を支援している。ホームページ:http://www.sasakinet.jp
著書に『思いが伝わる、心が動くスピーチの教科書』(ダイヤモンド社)がある。


高円宮妃久子さまのIOC総会 お言葉に学ぶリーダーのスピーチ

格調の高さ、洗練された英語、美しい言葉遣い、そして気品のある話し方。高円宮妃久子さまがフランス語と英語で行った、9月7日のIOC総会におけるスピーチは、伝統的かつ正統なスピーチの極みとも言えるものだった。本稿では、話し方と話しの中身の両面から、人を動かすスピーチのポイントを見ていく。

「高円宮妃久子さまのIOC総会 お言葉に学ぶリーダーのスピーチ」

⇒バックナンバー一覧