ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
紙の神々 業界紙・専門誌探訪記

「誰もやらないからやった」
“御用”な音楽メディア業界で
「ミュージックマン」が築き上げた独自の存在感

週刊ダイヤモンド編集部 森川潤
【第6回】 2013年9月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ミュージックマンを発行するエフ・ビー・コミュニケーションの屋代卓也社長。静かな口調で、こともなげに、熱い思いを語るのが印象的だった Photo by Jun Morikawa

 「勝算があって始めたことなんて一つもない。無理だったなら、やめればいいわけだし…」

 今回お話を伺った屋代(やしろ)卓也さんが何気なく何度も発していたセリフだ。屋代さんは音楽スタジオを経営していた1990年から音楽業界専門書籍「ミュージックマン」を毎年発刊し、98年には音楽情報やニュースのネット媒体も立ち上げて成功させた。

 インタビューを通じてひりひり感じたのは、そのセリフのように初期から一種の“開き直り”を貫き通したことで、「ミュージックマン」というメディアが今、音楽業界で唯一無二の存在感を放っているのだろうな、ということだ。

 「唯一無二」と言ったのには筆者自身の実体験がある。実は、週刊ダイヤモンドでは今年に入ってから2度、音楽関係の特集(「誰が音楽を殺したか」「エイベックスの正体」)を組んでいるのだが、取材段階で一番驚かされたのが、音楽メディアの大半が業界“癒着”型の記事ばかりで、少なくとも経済誌の観点からは有用なメディアがほとんど見当たらなかったということだ。

 事実、当時の取材では、音楽雑誌は広告などの金銭対価を支払われない限り、歌手のインタビューを載せないことも多かったり、有名な音楽情報サイトでもニュースを一件載せることに十万円単位を徴収していることなどがわかり、一応音楽好きを自負する筆者としては「何だかなぁ」と悲しい気持ちになったものだ。要は、情報と広告の垣根がほとんどなく、結果として広告主寄りの記事が発信されることになる。

 その中で、異彩を放っていたサイトが、「ミュージックマンネット」だった。独立した歌手のための音楽自主制作の仕方や、新たな音楽配信のあり方など、必ずしも既存のレコード業界が喜ばないことも、長年の音楽の蓄積を元に詳しく発信している。

 もちろん、これは筆者の個人的な意見で、ミュージックマンも音楽業界とは良好な関係を築いているのだが、業界外部から取材に乗り出した我々にとって、独自の存在感を示すミュージックマンは本当に「数少ない良心」とまで感じたほどだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


紙の神々 業界紙・専門誌探訪記

インターネットでの無料の情報の氾濫や、ソーシャルネットワークの流行。それらの影響を受けて、新聞や雑誌が苦境に立ってから久しい。しかし、メディア業界を見渡せば、業界紙、専門誌はまだまだ数えきれないほど存在し、新規創刊もある。その内容は充実していて、インターネットの無料情報では代替できないものが多い。業界紙や専門誌は一つの分野のことを掘り下げる。中にはとても狭い業界、分野を信じられないほど深堀する媒体もある。なぜ、その業界や分野にそれほどまでに魅せられるのか。どのような取材、編集をしているのか。扱う業界や分野の現状とは…。無からコンテンツを創造する“紙の神々”の生態に迫る。

「紙の神々 業界紙・専門誌探訪記」

⇒バックナンバー一覧