ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

日本はキャッチアップできるか?
見えてきた通信と放送、サービス融合の近未来

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第51回】 2013年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Tatsuya Kurosaka

 9月上旬、オランダ・アムステルダムで開催された、国際放送展(International Broadcasting Convention、以下IBC)に参加した。世界最大級の放送業界イベントであり、ここ数年は毎年参加し、放送と通信がどのように混ざっていくのか、定点観測している。

 昨年のIBCは、セットトップボックス(以下STB)と4K8Kが盛り上がっていた。前者は通信との関係が深いものの、後者は基本的には放送サービス単独のテーマであり、たとえばスマートデバイスとの連携における4K8Kといった取り組みは、それほど見受けられなかった。

 今年は一転して、コネクテッドTVという特別ゾーンが設けられるなど、通信との接続を前提とした放送サービス、放送的なコンテンツサービスにフォーカスされていた。こうした動きは言うまでもなく、スマートフォンやタブレットとの親和性が強い。そこで今回は、IBCから見えた今後の通信と放送の行方について、レポートしたい。

勢いを増すスマートテレビ

 IBCは放送業界の展示会である。そのため、米国で開催されるCES(コンシューマエレクトロニクスショー)や、スペインのMWC(モバイルワールドコングレス)に比べ、通信端末などのガジェットの新製品発表等はほとんど見当たらない。消費者との直接的な接点としては、発表済みのプロダクトを使ったソリューションが多い。

エリクソン(上)、華為技術ブース Photo by T.K.

 今回主要テーマとして取り上げられた「コネクテッドTV」についても、スマートテレビそのものの新製品発表というのではなく、映像コンテンツ事業者がスマートテレビを実現するためのシステムや、それを消費者に提供するためのSTB、あるいはそれをサポートする周辺機器との連動等が、展示されていた。

 たとえばエリクソンは、IPTV時代のネットワークについて、単なる通信インフラという観点ではなく、いかにそれを事業化に近づけるべく最適化するか、という視点でのソリューションを提示していた。また、中国の華為技術(huawai)もこの領域に参入し、IPネットワーク上での映像配信を支える様々な機器を紹介していた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧