ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

“組織”とは完全無欠たり得なくとも
かなりは満足し得るべきもの

上田惇生
【第350回】 2013年9月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
ダイヤモンド社刊
2100円

 「いかなる組織構造であっても、組織として最小限満たさなければならない条件がある。すなわち、明快さ、経済性、方向付け、理解、意思決定の容易さ、安定性と適応性、永続性と新陳代謝である」(『マネジメント──基本と原則[エッセンシャル版]』)

 第1に、組織は、明快でなければならない。構造が明快でない組織は組織ともいえない。鵜合の衆にすぎない。明快でなければ、無用の摩擦、時間の浪費、果てしない論議が日常茶飯事となる。組織マニュアルを携行しなければならないようであってはならない。

 第2に、組織は、経済的でなければならない。人を動かすうえで必要とされるものは少ないほどよい。「優れた組織構造とは、自らをマネジメントし、自らを動機づけられる組織である」。

 第3に、組織は、あらゆる関心を成果に向けさせなければならない。「成果こそ、全ての活動の目的である」。成果よりも努力を重要とする組織であってはならない。

 第4に、組織は、全員が、自らの仕事と全体の仕事を理解できるようになっていなければならない。仕事は常に具体的かつ個別的である必要がある。

 第5に、組織は、意思決定が容易でなければならない。的確なレベルで決定を行い、仕事に移し、成果に結び付けられなければならない。「常に高いレベルで意思決定を行わざるを得なくなっている組織構造は、意思決定にとって障害以外の何ものでもない」。

 第6に、組織は、安定し、かつ適応していかなければならない。組織内の人間にとっても、家が必要である。「待合室では仕事はできない」。だが、安定と硬直とは違う。新しい状況、条件、顔、性格に適応していかなければならない。

 第7に、組織は、永続し、かつ新陳代謝していかなければならない。明日のリーダーを内部から調達できなければならない。「組織構造は、組織内の人材が仕事を通じて学び、成長していくことを助けるものでなければならない」。

 しかし、これらの条件をすべて満たす組織構造はない。そこで、職能別、チーム型、連邦分権型、システム型などの組織構造を組み合わせて使っていくことが必要となる。

 「全ての条件を常に完全に満足させる組織構造はない」(『マネジメント[エッセンシャル版]』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧