ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ユニクロ監査役が書いた 伸びる会社をつくる起業の教科書
【第3回】 2013年10月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
安本隆晴 [公認会計士・税理士、株式上場準備コンサルタント]

起業時に
完璧なビジネスプランはいらない

1
nextpage

自分の夢や志を実現するには「いつか起業を!」ではなく「いまから起業準備を!」のスイッチを入れることが肝心。上場準備コンサルタント・監査役としてユニクロ、アスクル、UBICなど多くの成長企業の躍進を支えてきた安本氏が、現場を知り尽くした立場から起業の秘訣を明かします。今回は、起業の成否を分ける「ビジネスモデルとビジネスプラン」についてです。

ビジネスモデルとビジネスプランに必要なもの

 事業のタネを見つけたら、次はビジネスモデルの構築と、それに基づいたビジネスプランの作成に取りかかります。

ビジネスモデル作りは、タネを開花させ事業として成立・継続するための構成要素は何か、そこで行動するプレーヤーは誰か、彼らをどのような継続的な取引でつなぐか、を考えることがベースになります。それらが構築できれば、あとは図形でわかりやすく表現すればよいのです。

ビジネスプランは、そのビジネスモデルを実現するために、1年単位でお金に換算して行動を計画することです。その計画書には3種類あって、(1)スタート時の資金計画書(貸借対照表に近い)、(2)損益計算書(予算)、(3)お金の入出金を表す資金繰り予定表(予想キャッシュフロー計算書)としてまとめます。この3つがセットになっていないと本当のビジネスプランとはいえません。

(1)資金計画書…資金の源泉(自己資金と借入金)と資金使途(内装工事、敷金・保証金、当初の商品在庫、当座の運転資金)の両方を対比して表す。
(2)損益計算書(予算)…1年間の損益を予想し、予算として損益計算書を作る。
(3)資金繰り予定表(予想キャッシュフロー計算書)…予算に基づいて、1年間の資金繰り予定表を作る。

 投資家などの他人に説明する場合には、エグゼクティブ・サマリー(商品やサービスの概要と独自性・新規性、高い収益性などについてのまとめ)、事業コンセプト(事業についての考え方や強み・弱みなどの特徴、収益性や成長性、市場や競合他社の状況)、経営計画(3年間の中期経営計画、1年間の短期経営計画、行動スケジュール)を含めてビジネスプランと呼ぶ場合が多いです。これは前述のビジネスプランよりも広い意味で使われています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


安本隆晴 [公認会計士・税理士、株式上場準備コンサルタント]

1954年静岡生まれ。1976年早稲田大学商学部卒業後、朝日監査法人(現・あずさ監査法人)などを経て、安本公認会計士事務所を設立。1990年(株)ファーストリテイリング(旧・小郡商事)の柳井正社長と出会い、以降、株式上場準備コンサルタント・監査役として、同社の成長を会計面から支えてきた。現在、アスクル(株)、(株)リンク・セオリー・ジャパン、(株)UBICの監査役でもある。2013年3月まで6年間にわたり中央大学専門職大学院国際会計研究科特任教授を務めた。2014年5月より若手経営者向けの勉強会「未来経営塾」を開講している。

著書に『強い会社をつくる会計の教科書』『伸びる会社をつくる起業の教科書』『「ユニクロ」!監査役実録』(以上、ダイヤモンド社)、『コンサルタントは決算書のどこを見ているのか』(PHP研究所)など。柳井正著『一勝九敗』『成功は一日で捨て去れ』(ともに新潮社)の編集にも携わった。

 


ユニクロ監査役が書いた 伸びる会社をつくる起業の教科書

 

自分の夢や志を実現するには「いつか起業を!」ではなく「いまから起業準備を!」のスイッチを入れることが肝心。ユニクロ、アスクル、UBICなど多くの成長企業の躍進を支えてきた安本隆晴氏が、起業の心得、ビジネスの種の見つけ方、ビジネスプランと資金繰り、チームワーク力の高め方、上場準備のポイントまでを明かします。

「ユニクロ監査役が書いた 伸びる会社をつくる起業の教科書」

⇒バックナンバー一覧