ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

みずほ銀行問題の陰にある「エリートの幼児性」

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第203回】 2013年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 みずほ銀行の問題融資をめぐる一連の対応を見ていて、私は20年以上前のことを思い出した。

 1989年はバブルの絶頂期。特に株価は天井知らず。年末には日経平均株価が4万円に手が届くところに達して、年明けには4万円の大台に乗るはずであった。

 新年の三が日、私はある新年会で地方の金融機関のトップと隣り合わせた。旧知の仲であった。

 ふだんから寡黙な人だが、沈痛な顔に見えたので「体の調子はいいですか」と聞くと話し出した。

 要約すると、年末に保有株式をすべて売った、とのこと。理由は、いつか暴落することが避けられないから。このままではお客さんに迷惑をかけてしまう。だから、幾晩も考えた結果売ったのだが、それがよかったかどうかわからない、と言う。

 周知の通り、年明けのマーケットで株価は大暴落しバブルの崩壊が始まり、日経平均は89年末の最高値からついには5分の1の水準まで落ち込んだ。

 この理事長は旧制中学卒。中学の同級生の専務に従い常務を務めていた。専務は学歴も申し分なく、人柄も能力も優れ、自他ともに次期理事長となることに疑いはなかった。

 だが、前理事長は常務を後継者とした。あとで聞くと、得意先が圧倒的に常務の昇格を願っていたということであった。

 前述の新年会の席での言葉で特に忘れられないのは、「お客さんに迷惑をかけてしまう」と「こんなうまい話があるはずがない」、「判断が間違っていたらすべて私の責任」と言ったこと。“お客さん”たちは長年の取り引きを通じて彼の本質を知っていたから、声を挙げて彼を推挙したのだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧