ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

日中の映画制作関係者が沖縄で
「台本」を離れて本音で語り合った

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第178回】 2013年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 この原稿は、宮古島で書き上げたものだ。宿泊先の東急リゾートホテルの窓から見下ろすと、東洋一と言われる美しい砂浜の与那覇前浜ビーチが続く。紺碧の海から打ち寄せてくる緩やかな白い波、海の匂いを届けてくる早朝の爽やかな潮騒……、ホテルのベランダでコーヒーを飲みながら、飽きることなく朝の宮古島の景色に見とれていた。

 その前日まで沖縄名護市で「沖縄・中国映画週間」のために送っていたあの数日間の忙しさが、まるで嘘のようだった。

前半は台本の通りの展開

 沖縄会場では、映画上映以外に、「“映画と観光”日中合作映画シンポジウム」も同時開催された。日中映画関係者、観光経済の行政担当者などをお呼びして、日中合作映画製作実現と沖縄観光のさらなる発展に向けて、活発な意見交換が行われた。私はそのシンポジウムのモデレーターを務めた。

 自画自賛に聞こえるかもしれないが、そのシンポジウムは大勢の人から評価された。シンポジウムの席上で、中国の監督たちが社交辞令よりも映画製作現場の実感に伴う意見や提案を率直に伝え、日本の観光経済行政を担当する観光庁、沖縄文化観光スポーツ部側の関係者が真摯にその意見を受け止める。その姿勢と態度に、シンポジウム参加者たちが好感を覚え、シンポジウムの好評と繋がったのではないか、と私は思う。

 今度のシンポジウムにパネリストとして参加した何平監督は中国映画監督協会の理事長でもあるベテランの映画監督だ。もう一人は今年、中国で最も人気を博した映画「北京遇上西雅図」(邦訳:北京ロマンinシアトル)を作った薛暁路監督である。

 シンポジウムの最初の進行構成は、私による「映画と日本の地域観光の現状と事例」の説明、観光庁・篠原康弘審議官によるスクリーンツーリズム関連の成功例と観光促進効果関連の発言、中国国家観光局東京首席代表による中国観光と映画との関係についての紹介といった内容からなっていた。そこまでは基本的に事前に綿密に打ち合わせを経て用意された台本の通りの運びだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧