ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

【企業特集】任天堂
ソフト不足でWii U低迷
崩れる“勝利の方程式”

週刊ダイヤモンド編集部
2013年11月22日
1
nextpage

10月30日に上期の決算を発表した任天堂は、2期連続の営業赤字となった。スマートフォンやタブレットにゲームユーザーを奪われ、2012年に発売した「Wii U」はソフト不足で低迷。任天堂は巻き返せるか。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大坪稚子)

任天堂はもはや浮上できないのではないか──。同社の2013年4~9月期の連結決算はそんな印象すら与える。営業損益は232億円の赤字。売上高も前年同期比2%減の1965億円に低迷した。

 12年12月(欧米は11月)に満を持して発売した据え置き型ゲーム機の「Wii U」が不振の上、普及させるために低価格で販売し逆ざや(売れれば売れるほど赤字となる)が発生しているためだ。

 Wii Uは、累計1億台以上を売った「Wii」の後継機として、収益の柱の期待がかかっている。しかし、通期の販売目標として900万台を掲げてスタートしたものの、4~9月期の実績はわずか46万台にとどまった。そのため、決算説明会でも「販売台数目標を下方修正しないのか」という質問が相次いだ。

 だが、任天堂の岩田聡社長は「14年3月期の通期の営業利益1000億円の見通しは変えていない。すなわち、Wii Uの900万台の販売目標も変えていない」ときっぱりと言った。

年末商戦に懸ける任天堂の岩田聡社長。Wii Uの年間販売数900万台の目標も下方修正しないという
Photo by Wakako Otsubo
拡大画像表示

 勝算はどこにあるのか。年間売上高の3~5割を売るといわれているクリスマス・年末年始商戦(10~12月期)で巻き返しができると考えているのだ。Wii Uについては、「スーパーマリオ3Dワールド」や「Wii Party U」「マリオ&ソニック ATソチオリンピック」といった人気タイトルを投入する。さらに、14年2月にはWiiを爆発的にヒットさせた「Wii fit」のWii U版を発売する。

 「ゲームの業界では、人気のあるソフトが出てハードを一気に普及させるのはよくあること。1996年に“ポケットモンスター”が出てゲームボーイが爆発的にヒットした」(岩田社長)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧