ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

知識労働者は組織を通じて成果をあげなければならない

上田惇生
【第186回】 2010年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
『経営者の条件』
ダイヤモンド社刊 1890円(税込)

 「今日では、知識を基盤とする組織が社会の中心である。知識や理論を使うよう学校で教育を受けた人たちのますます多くが組織で働いている。彼らは組織に貢献して初めて成果をあげることができる」(ドラッカー名著集『経営者の条件』)

 ドラッカーは、成果をあげることは、新入社員であろうと中堅社員、経営幹部であろうと、彼ら自身の自己実現のための前提だという。しかし知識労働者たる者は、組織において、自らをマネジメントしなければならない。

 動機づけも、組織を通じて成果をあげることにかかっている。組織において成果をあげられなければ、仕事に対する意欲は減退し、九時から五時まで体を動かすだけとなる。

 しかも、知識労働者が生み出すものは、知識、アイディア、情報である。彼らのアウトプットは、それだけでは役に立たない。膨大な知識を得ても、それだけでは意味をなさない。

 知識労働者には肉体労働者には必要のないことが必要である。すなわち、自らのアウトプットを他の者に供給することである。他の者のアウトプットと結合させなければ、成果とはなりえない。

 しかし、組織に働く者は、成果をあげることを要求されながら、それが至って困難であるという状況にある。時間は他人に取られる。雑用に追われ続ける。

 「成果をあげるよう意識して努力しないかぎり、まわりを取り巻く現実が彼ら知識労働者を無価値とする」(『経営者の条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧