ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

「復旧」ばかりじゃ、意味がない。
震災から3年経っても「復興」の気配がない理由

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第107回】 2014年3月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今日、3月11日で東北の震災から丸3年である。あらためて震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りする。

 さて、この3年間、僕も微力ながら東北に関わってきた。震災の翌日には仲間を集めて「東北ライジング」という団体を立ち上げた。仮設住宅に消火器が極端に不足していて、防災上、大きな問題があると聞いては消火器を集めて岩手県のとある仮設住宅に全戸配布したり(消火器に関してはその後、岩手、宮城、福島の三県が全戸配布を決定したので活動終了した)、福島の子どもたちが放射能の影響で屋外で遊べないと聞いては、(他のスポーツに比べてより多くの子どもたちが屋内で身体を動かせるようにと)キッズ・ダンス教室を開催したりした。

 また、さまざまなメディアで現地の有力な復興リーダー、つまり本当に支援すべき人たちを紹介したりしてきた。三陸各地でマーケティングのコンサルティングのようなことも行なってきた。いずれもたいして大きな活動ではない。しかし、活動の視点は当初から定まっていた。「復興」である。

なぜ、「緊急支援」「復旧支援」でなく、
「復興支援」なのか?

 2011年3月11日、震災当日、一晩中テレビを見ながら、SNSを通じて社会貢献の仲間たちと連絡し議論するなかで、自分は復興支援をやろうと決めた。緊急支援でもなく、復旧支援でもなく、復興支援こそが自分のやるべき仕事だと思ったのだ。なぜか?

 まず、緊急支援をやる力が自分たちにはなかった。緊急支援はプロの仕事である。自衛隊とか専門のNGOとか、装備や経験、組織力が必要となる。にわかにできあがったボランティア団体ができる仕事ではないのだ。というわけで、緊急支援は行わないことにした。もちろん、企業や個人からさまざまな救援物資を大量に集めたりはしたが、それは大手の支援団体につなぎ、現地での実際の支援活動(支援物資を届ける活動)はそちらにお任せした。つまり「自分たちの活動」としての緊急支援活動は行わないことにしたし、行なっていない。そんな力はなかったからだ。

 復旧支援をやらないと決めた理由は、行政も民間のNPOなども、ほとんどすべての支援活動がそこに集中することがわかっていたからだ。もちろん、被災地の復旧は大事な仕事だ。道路や港湾施設、商店街、住宅地などの生活基盤の復旧はもちろん大事だし、「心のケア」という言葉に代表される「人間の復旧」も必要だ。

 また、復旧支援というものはわかりやすい。壊れたものを直すわけだから、なにをどうすれば良いか、見えやすいのだ。だから、多くのNPOやボランティア団体が復旧支援に取り組むことは分かっていたし、実際にそうなった。そして、自分たちがやらなくても他にやってくれる人たちがいるような活動を、自分たちに優位性がないのにやる必要はない。そんな判断から、緊急支援もやらないことに決めた。ビジネスパーソンならこの判断の合理性は理解してもらえるだろう。

 もちろん、消去法だけで復興支援を決めたわけではない。復興支援こそ大きな災害を受けた被災地支援に本質的に必要であると考えたこと。そして自分たちの優位性を活かせるのは復興支援であると判断したこと。これらが、復興支援に向かった大きな理由だ。ただし、復興支援は難しい。復興とは「以前よりもよりよい状態に戻すこと」だが、なにをどうすれば、そのような状態に戻せるか、誰も分からない状態からスタートしなければならないからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧