ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

今日の現実は“モダンの公理”とは相いれない

上田惇生
【第116回】 2009年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
テクノロジストの条件
ダイヤモンド社刊
1890円(税込)

 「われわれはいつの間にか、モダン(近代合理主義)とよばれる時代から、名もない新しい時代へと移行した。われわれは世界観を変え、新たな知覚を得、したがって新たな能力を獲得した」(『テクノロジストの条件』)

 昨日までモダンとよばれ、最新のものとされていた世界観、問題意識、よりどころのいずれもが意味をなさなくなったとドラッカーは言う。

 今日に至るも、モダンは政治から科学に至る諸々のものに言葉を与え続けている。しかし、政治、理念、心情、理論にかかわるモダンのスローガンは、もはや対立の種とはなりえても、行動のための紐帯とはなりえなくなった。

 地球環境問題、途上国問題、教育問題など、われわれの直面する問題のすべてが、モダンを超えた解決を求めている。しかも、われわれの行動自体が、すでにモダンではなく、ポストモダン(脱近代合理主義)の現実によって評価されるに至っている。

 にもかかわらず、われわれはこの新しい現実についての理論、コンセプト、スローガン、知識を持ち合わせていない。

  「ポストモダンの最初の世代であるわれわれにとっての最大の問題は、世界観そのものの転換である。今日われわれが口にしているものは、350年来の世界観である。だがわれわれが目にしているものはそれらのものではない。しかもわれわれが目にしているものには名前さえない。手段もなければ道具もなく、言葉さえない」(『テクノロジストの条件』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧