ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ホンダ、高級車をテコ入れ
「アキュラ」部門の独立計画

週刊ダイヤモンド編集部
2014年4月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ホンダがようやく重い腰を上げた。長きにわたって停滞していたホンダの高級車ブランド「アキュラ」をテコ入れするのだ。

日本、米国、中国の3地域に「アキュラ」専任組織を設置。ホンダからアキュラ部門を独立させる
Photo:AP/AFLO

 「1年中365日、アキュラのことだけを本気で考える人を張り付けて、アキュラブランドをゼロから再構築する」──。4月に四輪事業本部長に就任したばかりの野中俊彦・常務執行役員は力を込める。今回の体制変更で、アキュラ部門をホンダから完全に独立させる。まずは、日本、米国、中国の3地域にアキュラの専任組織を設置する意向だ。

 この動きに先行して、4月から、主戦場の米国法人では、セールス組織をホンダとアキュラの二つのブランドに分割した。営業・マーケティング機能に限った話だが、すでにアキュラ部門の独立への布石を打っていたのである。

 ホンダでは、これまで生産や購買、販売などの各プロセスで、各担当者がホンダブランド車とアキュラを兼務していた。そのため、「ともすれば、ホンダブランドの機種で余った経営資源をアキュラに回す」(野中常務)ことがまかり通っていた。アキュラ部門を独立させることで、経営資源を別々に配分する。

 アキュラのビジネスを再構築する方針に従い、役員の体制も変更する予定だ。アキュラ事業と燃料電池車事業を兼務して、“二足のわらじ”を履いていた福尾幸一・専務執行役員はアキュラに専念。新たに、三部俊宏執行役員が燃料電池車事業を引き継ぐ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧