ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
企業小説 黒字化せよ! 出向社長最後の勝負
【第5回】 2014年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
猿谷雅治

【プロローグから第1章までを公開!(5)】
俺が甘かった…
大企業エリートの知らない過酷な現実

1
nextpage

万年赤字会社はなぜ10ヵ月で生まれ変わったのか? 実話をもとにした迫真のストーリー 『黒字化せよ! 出向社長最後の勝負』の出版を記念して、プロローグと第1章を順次公開。岡田常務の案内で、社内を見てまわる沢井。そこは、今まで沢井が所属していた世界とはまったく違う世界だった。(連載第1回目、第2回目、第3回目、第4回目はこちら

大企業から離れて初めて知る世界

 工場のなかを案内しながら、岡田常務が説明し、人びとを紹介する。
 沢井から見るともう少しはしょってもよいのだが、伝え聞いていた岡田の誠実な性格が十分うなずける真面目な説明ぶりであった。

 時折り、藤村がボソッと短い言葉で質問する。
 岡田と藤村の間で質疑応答が始まる。
 藤村が少しでも早く鋳物の専門知識を身につけようとしている真剣な姿勢が、痛いほどよくわかる。

 1年かせいぜい2年でマルかバツか結論を出すという期限が、藤村に圧力をかけているのだ。

 頭上で天井クレーンがガタゴトと動き出した。
 一段高くなった舞台のようなところにある炉のなかから溶けて白熱した金属が、クレーンが釣っている鍋に流し込まれる。
 その鍋を釣った天井クレーンが動いて、床に並べられている砂の鋳型に注湯される。
 そのたびにうす暗い工場内に火花が飛び、もうもうと青白い煙が立ちのぼる。

 火花は、鍋を支える作業員たちに、容赦なく飛びかかる。

「あれで、火傷しないんですか」

 騒音のなかで大声で聞いた沢井に、岡田も大きな声で答える。

 「はい。大丈夫です。鍋がはずれて湯を直接かぶれば大変ですが、火花なら心配ありません」
「だって、作業服が焼き穴だらけですよ」

 「ハア、1年ごとに作業服を取り替えますが、あの火花全部が身体にあたるわけではありません。服を焦がすのはほんの一部で、それも皮膚を直接焦がすのはまずありません。眼で見るほどのことではないのです」

 「ふうん、そんなものですか」
「はい、もちろん危険がゼロではありません。しかし、管理者もよく注意していますし、それに何よりもベテランぞろいで、自分たちが一番よく知っています」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


猿谷雅治 

 

さるや・まさはる。1952年東京大学経済学部卒業。住友金属鉱山(株)入社。経理、人事、組織、社長室のほか、事業部総務部長、関係会社出向などを経て1981年取締役就任。1984年常務取締役企画管理本部長。1993年富士短期大学教授。1996年富士短期大学副学長を経て富士短期大学経営研究所教授。1998年没。1964年、「目標による管理」を導入、実施して会社の業績向上に大いに寄与。人間を尊重する目標による管理の思想を中軸として、新しい経営管理論、組織論、リーダーシップ論などの実務への展開に力を注ぐ。主要著書に『目標設定による管理体制』『目標管理の要点』『目標管理の考え方』『創造的リーダーシップ』『仕事と目標と生きがい』などがある。

 


企業小説 黒字化せよ! 出向社長最後の勝負

実話をもとにした迫真の企業再生ストーリー。大会社で役員目前だった沢井は、ある日突然、万年赤字子会社への出向を命じられる。辞令にショックを受けつつも、沢井は1年以内に黒字化することを決意。しかし、新しく人を雇ったり機械や設備を導入する予算はない。今ある人材、設備で黒字化するには社員の意識を変えるよりほかにない。そこで沢井が講じた施策とは…?プロローグと第1章を公開。

「企業小説 黒字化せよ! 出向社長最後の勝負」

⇒バックナンバー一覧