ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
評価が上がる!上司を味方にする技術
【第3回】 2010年2月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
本間正人 [成人教育学博士]

ライバルよりも上司に気に入られる!?
「コーチングアップ」の技術

1
nextpage

「部下にどう接するか」
上司は悩んでいる

 ビジネス環境が激しく変化し、新しい価値観が次々と入ってくる状況では、必ずしも過去の成功体験が役立たない場合があります。長年積み上げてきたノウハウが使えないということになれば、上司が自信を喪失してしまうこともあります。また、部下の労働意欲や勤務形態も多様化していて、部下指導のやり方も、従来とは大きく異なっています。

 これは世代にもよりますが、たとえば高度経済成長期やバブル絶頂期に成功体験を持つ人々は、メンタルモデルが変わらず、当時の体験からなかなか脱却できない場合が少なくありません。ビジネスの学習でもっとも難しいのが、自分自身の成功体験から抜け出す「アンラーニング」であるといわれます。

 実際、自分の学習体験を抜け出すために苦悶している上司がたくさんいるのも事実です。部下に対して、効果的な指導をしたいと思っていても、自分自身が過去の成功体験から抜け出せずにいるため、常に迷い、苦悩しながら部下と接しているのです。

 しかし、部下からすれば逆に、そうした上司は格好の教材であるともいえます。部下がそうした上司をコーチングアップすることで、上司との信頼関係を高め、自分自身の成長につなげることが可能になるのではないでしょうか。

 ここで上司が過去の成功体験を話し始めたときのことを考えてみてください。

 過去の栄光の日々に思いをはせるというのは、一種の現実逃避ということもできます。上司が過去の成功体験を話し始めたときは、自信をなくしているときである場合が多いのです。そんなときに、「そんな昔のやり方、今時通用しませんよ」などと言って責めたり、からかったりするのは、傷口に塩を塗っていることと同じです。

 もし、上司が過去の成功体験を話し始めたら、「ああ、今やっていることに自信がないんだな」と受け止め、上司に対する接し方を少しソフトにするのも、コーチングアップのひとつだといえます。

上司の気持ちになって
コミュニケーションを

 かつて、右肩上がりで成長していたようなときには、極端にいえば、上司が部下の指導をしなくても、厳しく「鬼」のようにノルマさえを守らせる指示をしていれば部下もついてきましたし、成績も上がっていました。

 ところが、近年の傾向は、まったく逆で、優秀な人から次々と会社を辞めてしまう傾向があります。また、同じ職場でも、正社員だけではなく、契約社員や派遣社員、嘱託社員など、異なる契約関係の人々が混在しています。あるいは、自分が入社したときには先輩や上司だった人が、自分の部下になっていることも珍しくありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


本間正人 [成人教育学博士]

1959年東京生まれ。東京大学文学部社会学科卒業後、松下政経塾で松下幸之助の経営哲学を学ぶ。卒塾後、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学博士、 Ph.D.)。ミネソタ州政府貿易局日本室長、松下政経塾研究部門責任者などを歴任し、現在、NPO法人学習学協会代表理事、帝塚山学院大学客員教授、NPOハロードリーム実行委員会理事などをつとめる。企業や地方自治体の管理職研修を担当しつつ、教育学に代わる「学習学」の構築を目指して、研究・講演活動を展開している。主なテーマは、コーチングの他、キャプテンシップ(プレーヤーとしてのリーダーシップ)、個人と組織の学習、戦略プランニング、創造力開発、学習スタイルなど多岐にわたる。NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」の講師などを歴任。コーチングやポジティブ組織開発、ほめ言葉などの著書多数。
ホームページ「らーのろじー株式会社」


評価が上がる!上司を味方にする技術

自分の周りにいる無関心な上司、優柔不断な上司、身勝手な上司…。しかし「ダメ上司だから…」と言ってるだけでは何も変わりません!どんな上司でもうまく巻き込むことで、自分の評価が上がる方法をお教えします。

「評価が上がる!上司を味方にする技術」

⇒バックナンバー一覧