ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
超入門 資本論
【第7回】 2014年7月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
木暮太一

いつになったら給料は上がるのか?
物価が上がっても給料が上がらない理由
サラリーマンが知っておくべき資本主義のルール

1
nextpage

ニュースで、景気の回復、ベースアップ、消費者物価指数の上昇についてよく耳にするが、実際のところ給料が上がっている人は少数だろう。一体いつになったらぼくらの給料は上がるのだろうか? 32年ぶりの物価上昇を続ける日本で、サラリーマンが知っておくべき、資本主義の冷酷なルールとは?

 総務省は、6月27日、5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)を発表しました。それによると、前年同月比3.4%上昇の103.4と、12ヵ月連続で上昇しました。エネルギー価格が上昇したことと合わせて、消費税率が8%に引き上げられた影響が加わったと分析されています。

 この物価上昇幅は、32年1ヵ月ぶりの大きさ。じつに第2次石油危機後の1982年以来です。

 一般的に考えると、物価は景気がよくなるにつれて、上がる傾向があります。そのため、この32年ぶりの物価上昇を「デフレ脱却に向けた前進」と評価する声もあります。

 しかし、当然のことながら物価が上がるだけで好景気になるわけではありません。「物価上昇→給料上昇→消費増加」とならなければ景気は上向いていきません。

 物価が上がる場合、給料も同時に上がらなければ実質賃金は下がります。3.5%も消費者物価が上がっていたら、消費者の購買力は減ります。

 厚生労働省の統計によると、1世帯当たりの平均可処分所得は約430万円です。単純計算すると、約15万円分、購買力が小さくなったことになります。月額1万円強です。こうなると、生活を苦しく感じる人が出てきますね。

 ここで関心が集まるのは、「物価が上がった分だけ、給料も上がるか」です。

『資本論』の理論で考えた場合、給料がどのように決まっているか、これまでの連載ですでに解説しました。そして、日本企業の給料の決まり方は、その資本論の理論が完全に合致していることも解説しました。

 改めて簡単に言うと、日本企業では給料は次のような考え方で決まっています。

 すなわち、「その労働者が明日も元気に働くために必要なコスト」を考え、その合計金額を給料として渡しているのです。

 食費、住居費、衣服、ストレス発散代など、明日も働いてもらうために必要なものの合算が給料なのです。

 そう考えると、物価が上がれば、その分給料も上がっていくことになります。ただ、給料は物価に連動して上がっていません。これはいったいどういうことでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/7~5/13)



木暮太一 

[作家、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 代表理事]

慶應義塾大学経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。
学生時代から難しいことを簡単に説明すること、頭の中を言語化することに定評があり、大学時代に自作した経済学の解説本が学内で爆発的にヒット。現在も経済学部の必読書としてロングセラーに。相手の目線に立った話し方・伝え方が、「実務経験者ならでは」と各方面から好評を博し、現在では、企業・団体向けに「説明力養成講座」を実施している。フジテレビ「とくダネ!」レギュラーコメンテーター、フジテレビ「ネプリーグ」、NHKEテレ「ニッポンのジレンマ」「テストの花道」などメディア出演多数。
著書に『「自分の言葉」で人を動かす』(文響社)、『カイジ「命より重い!」お金の話』(サンマーク出版)、『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイヤモンド社)など多数があり、累計150万部。


超入門 資本論

お金と働き方の絶対ルールを知る者だけが勝つ! 今注目の気鋭の経済ジャーナリストが、この世を牛耳る資本主義のルールを解き明かしたマルクスの経済書を3つのポイントから読み解き、それでも勝ち残りたい人のための戦い方と残酷な世界の生き抜き方を解説する。誰もが教養として知っておくべき、最重要経済書の超入門書。

「超入門 資本論」

⇒バックナンバー一覧