ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由
【第4回】 2014年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
杉本宏之 [起業家]

第2章 暗雲-- 「傲り」を象徴する出来事が
僕を蝕み始めていた【その4】
「銀行の融資が止まれば業績は一気に落ちる」

1
nextpage

ゼロから起業し、エスグラントは上場を果たしものの、リーマンショックにより全財産を失い破綻、その後再びゼロから起業、成功させた若き経営者が心に刻んだ教訓を綴った『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の出版を記念して、第2章を順次公開。上場を果たしてまさに人生の絶頂にあった著者の視界に暗雲が漂い始めます。第4回ではいよいよサブプライムの火の手があがる。

銀行の融資が止まれば
業績は一気に落ちる

 明らかに風向きが変わったのは、まだまだ暑い日が続く9月のことだった。それはちょうど2007年6月期の決算説明会が行なわれる直前だった。

 その頃、「サブプライムは対岸の火事」と思っていたとはいえ、友人の警告が心に引っかかっていたこともあり、私は社員たちに「仕入れを控えて、保有物件の販売に力を入れよう」と指示をしていた。とはいえ、好条件の物件があれば話は別だ。

 ある物件を仕入れるために、私は銀行の担当者を呼んだ。銀行にとって、私とエスグラントはこの上ない融資先になっている、はずだった。

 「港区青山でいい物件が出たので仕入れたいと思っているんです。今回もエクイティは10%で、残りの融資をお願いします」
エクイティとは自己資本、つまり頭金のことだ。いつもであれば、向こうから頭を下げて「借りてくれ」とまで言ってくる相手だ。私としては、当然ふたつ返事で融資が決まると思い込んでいた。

 ところが、この日に限って担当者の歯切れが悪い。
「社長、大変申し上げにくいんですが、昨今の金融情勢もあって、当行の事情もいろいろと揺れておりまして。今回については、御社でご用意いただくエクイティを20%にできませんか? それであれば、一応、本部に稟議を上げてみます」
「一応?」

 担当者は引きつった笑顔を浮かべ、むしろ「もう買わないほうがいいんじゃないですか?」とでも言い出しそうな雰囲気だった。
サブプライム問題の影響で、8月頃からヨーロッパなどで不穏な波が起き始めていた。

次のページ>> これはまずいぞ
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、3/19~3/25)



杉本宏之(すぎもと・ひろゆき) [起業家]

1977年生まれ。高校卒業後、住宅販売会社に就職、22歳でトップ営業となる。2001年に退社し、24歳でエスグラントコーポレーションを設立。ワンルームマンションの分譲事業を皮切りに事業を拡大し、総合不動産企業に成長させる。2005年不動産業界史上最年少で上場を果たす。2008年のリーマンショックで業績が悪化、2009年に民事再生を申請、自己破産。その後再起し、エスグラントに匹敵する規模にグループを育て上げた。

 


30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

業界の風雲児として急成長企業を育て、最年少上場記録を打ち立て、最高益を叩きだした矢先、リーマンショックで巨額負債を抱え破たん。どん底から再起動へと歩む起業家は、失敗から何を教訓とし、迷惑をかけながら支えてくれた人々に何を伝えるのか? 本連載では、『30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由』の一部を順次掲載していきます。

「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」

⇒バックナンバー一覧