ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営参謀
【第3回】 2014年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
稲田将人 [株式会社RE-Engineering Partners代表、経営コンサルタント]

プロローグ
マーケティング調査は必要か?

1
nextpage

大手紳士服チェーン「しきがわ」を退職した高山昇は、レディースアパレルを複数展開する一部上場企業、グローバルモード社に転職する。高山は、社長の田村から直々に低迷する事業の立て直しを命じられる。しかも、その期限は半年――。果たして、高山は社長の期待に応えられるのか? 若き参謀、高山昇の奮闘ぶりを描く『経営参謀』が6月27日に発売になりました。本連載では、同書のプロローグと第1章を5回に分けてご紹介します。

市場を正しく理解することから始まる

 千葉ショッピングセンターでの研修の最終日の午後、高山は汐留の本社に立ち寄るように言われた。

 高山は会議室に通され、しばらくすると、田村社長と夏希常務が現れた。

 「高山君。研修、ご苦労様だね」

 社長は席に着き、その横には夏希常務が座った。

 「君はこの間、マーケティング調査を行いたいと言ったね」

 「はい」

 高山の自信に満ちた答え方に、田村は軽くため息をついた。

 「そんなものが本当に役に立つのかね? あのスティーブ・ジョブズも『マーケティングなど不要』と言っているじゃないか」

 高山自身も以前、マーケティング不要論を耳にしたことがあった。わかるような気もするが、そう言い切ってしまうと、なんだか収まりが悪いようにも感じていた。

 「ぼくが前の会社でやったことを、少し話させてください」

 高山は話を始めた。

 「自分がいた郊外型紳士服チェーンの『しきがわ』は当時、不振状態にあって突破口が全く見えていませんでした」

 田村は気むずかしげな表情で腕を組み、右手であご鬚を触りながら高山の話を黙って聞いていた。

 「国内の至るところに出店して、一見飽和している市場なのですが、自分たちがお客様のことをわかっていないことに気が付いたんです。思い込みと惰性で、それでも毎日忙しがってビジネスをしているって。全ては、市場を正しく理解することから始まるのではないかと思いました」

 ふむ、と一言、田村は言った。

 「そこで最初に、グループインタビューを行いました。お客様は何を考え、感じているのかを言葉にしてもらいました。そして、その後にインターネットで定量調査を行い、市場の全体像がわかるようにしました」

 「つまり君は、質問さえすれば、お客様は自分の欲しいものを、答えてくれるものだと言うのかね? そんなこと、あるわけないだろうに」

 田村は鼻で笑い、腕を組んだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


稲田将人(いなだ・まさと)  [株式会社RE-Engineering Partners代表、経営コンサルタント]

早稲田大学大学院理工学研究科修了。豊田自動織機製作所よりの企業派遣で米国コロンビア大学大学院コンピューターサイエンス科にて修士号を取得した後、マッキンゼーアンドカンパニーに入社。マッキンゼー時代は、大手電気企業、大手建設業、大手流通企業などの戦略策定や経営改革などに携わる。その後は、企業側の依頼により、大手企業の代表取締役社長、役員、事業・営業責任者として売上V字回復、収益性強化などの企業改革を行う。これまで経営改革に携わったおもな企業には、アオキインターナショナル(現Aoki HD)、ワールド、ロック・フィールド、日本コカ・コーラ、三城、卑弥呼などがある。2008年8月に(株)RE-Engineering Partnersを設立。成長軌道入れのための企業変革を外部スタッフや役員などの役目で請け負う。戦略構築、しくみづくりにとどまらず、社内に機動的な参謀チーム、改革スタッフを養成し、企業が永続的に発展するための社内の習慣づけ、文化づくりを行い、事業の着実な成長軌道入れまでを行えるのが強み。


経営参謀

レディースブランドを複数展開するグローバルモード社に転職した高山昇は、同社の田村社長から低迷するブランドを「半年間で立て直してほしい」と依頼される。しかし、いざ現場に配属されてみると、思うように周囲の協力が得られない。そんなある日、高山が思いついた集客アイデアが功を奏し、売上が急上昇。周囲の高山を見る目がガラリと変わり、改革が動き始める。持ち前の行動力とひたむきさを武器に、社内の地雷を踏みまくりながらも事業のV字回復に取り組む主人公の姿を通して、経営参謀のあるべき姿をリアルに描く。

「経営参謀」

⇒バックナンバー一覧