ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]
【第4回】 2014年8月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
池井戸 潤

半沢直樹シリーズ最新作!
池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]
【序章】ラストチャンス(第4回)

1
nextpage
半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』

修正再建案が不調に終わったら、帝国航空は破綻する。
「この難局を確実に乗り切れるのは君しかいない」と託された半沢。さっそく帝国航空の担当作業チームとの顔合わせが……。

 旧産業中央銀行と、旧東京第一銀行というふたつの銀行が合併して誕生した東京中央銀行では、特に上層部においていまだ出身行同士の派閥争いが内燃している。行内ではそれぞれの出身行員たちが相手のことを旧S――旧産業中央銀行、旧T――旧東京第一銀行と呼び合い、様々な場面で目に見えない鍔迫り合いを繰り広げていた。
 不良債権が多かった旧Tの人材が重点的に債権管理サイドに配置されているのは合併以来の傾向で、審査部の主要ポジションは、旧T出身者が占めている。
 むろん曾根崎もそのひとりで、さらに帝国航空は、もともと旧Tが主要取引先として擁してきた特別な存在でもあった。
 いわば旧Tの威信がかかっていたといってもいい取引先を、半沢ら旧Sが幅を利かす営業第二部に移管することは、旧Tのメンツを潰すことに等しいのである。
 内藤は続ける。
「役員会では紀本さんが異論を口にされたんだが、緊急事態だといって頭取が押し切ってしまわれてね。ウチとしても、審査部さんの担当先を引き継ぐというのはどうかと思ったんだが、今回ばかりは致し方ない」
 紀本平八は、不良債権回収を主担当とする債権管理担当常務で、旧T人脈の有力者のひとりだ。そうした経緯についてはすでに聞き知っているだろう曾根崎は、悔しそうに唇を噛むのみである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


池井戸潤(いけいど・じゅん)

1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。1998年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。2010年『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞を受賞。2011年『下町ロケット』で第145回直木賞受賞。他の代表作に『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』や、この作品の前作となる半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』などがある。

 


半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]

半沢直樹シリーズ最新作『銀翼のイカロス』。 頭取命令により経営再建中の帝国航空を任された半沢が、500億円もの債権放棄を求める政府の再生タスクフォースと激突する。巨大権力相手に、史上最大の倍返しとなるか? 発売3日で発行部数が55万部に達した大人気エンタテインメント小説の、序章の一部を公開!

「半沢直樹シリーズ最新作・池井戸潤『銀翼のイカロス』[試読版]」

⇒バックナンバー一覧