ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“嫌われる勇気”ある芸人に学べ!
【第2回】 2014年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
岸見一郎 [哲学者],品川 祐 [品川庄司]

嫌われる必要はないけど
覚悟は必要
嫌われ芸人名鑑(2) 品川庄司・品川祐

1
nextpage

心理学者・アドラーの教えをわかりやすく説き40万部のベストセラーとなった『嫌われる勇気』。一方、お笑いの世界でも近年、嫌われ芸人たちが大活躍している。ゲスすぎる、ナルシスト、文化人気取り……色々なタイプの嫌われ 芸人が、世間に後ろ指を指されながらも力強く芸能界をサバイブしている。どうすれば我々も「嫌われる勇気」を持つことができるのか? 彼らの生きざまから それを学んでみよう!
総合エンタテイメント雑誌『FLASHスペシャル2014盛夏号』とのコラボ企画である本連載の第2回は、映画を撮り小説も書くマルチ芸人、品川庄司の品川祐さん。

いくら嫌われても
死ぬわけじゃない

品川庄司・品川祐(しながわ・ひろし)
映画を撮り小説を書くマルチ芸人。1972年生まれ。東京都出身。1995年、庄司智春と「品川庄司」を結成。2006年に出版された半自伝小説『ドロップ』はベストセラーになった。品川ヒロシ監督最新作『サンブンノイチ』DVD/Blu-rayがKADOKAWA書店/よしもとアール・アンド・シーより発売中。

 今も昔も、ふだん生活していて嫌われているっていう感覚はべつにないですね。でも、嫌われてもいいやと思ってるし、好かれようとする努力もしていないです。

 だいたい僕のことを嫌いなヤツは僕も嫌いなヤツ、っていうのが持論なんで。僕が好きなヤツって、相手も僕のことを好きだと思うんですよ。これはたぶん、誰にでも当てはまるルールじゃないかな。僕のことを嫌っている人は、自分にとって要らない人だからべつにいいや、って思いますね。

 でも、年取ると嫌われる現場も減ってきますよ。後輩に対しても、以前は「ナメられたくない」みたいな気持ちが強かったけど、今はそれなりに後輩もみんな礼儀正しいし、生意気な口きくヤツもいないし。だから、「丸くなった」って言われるけど、べつにそんなことないんですよ。今、昔と同じことをされたら、やっぱり同じようにキレるはず。取り巻く環境が変わっただけですから。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岸見一郎[哲学者]

きしみ・いちろう/1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。

品川 祐[品川庄司]

しながわ・ひろし/映画を撮り小説を書くマルチ芸人。1972年生まれ 東京都出身 1995年、庄司智春と「品川庄司」を結成。2006年に出版された半自伝小説『ドロップ』はベストセラーになった。品川ヒロシ監督最新作『サンブンノイチ』DVD/Blu-rayがKADOKAWA書店/よしもとアール・アンド・シーより発売中。


“嫌われる勇気”ある芸人に学べ!

心理学者・アドラーの教えをわかりやすく説いた『嫌われる勇気』が大きな話題になっている。
一方、お笑いの世界でも近年、嫌われ芸人たちが大活躍している。
ゲスすぎる、ナルシスト、文化人気取り…色々なタイプの嫌われ芸人が、
世間に後ろ指を指されながらも力強く芸能界をサバイブしている。
どうすれば我々も「嫌われる勇気」を持つことができるのか?

彼らの生きざまからそれを学んでみよう!

「“嫌われる勇気”ある芸人に学べ!」

⇒バックナンバー一覧