ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―
【第4回】 2014年9月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

【第4回】
「新聞紙1枚のスペース」だけ磨くと、
なぜ、感性が研ぎ澄まされるのか?

1
nextpage

日本で初めて「日本経営品質賞」を二度受賞、12年連続増収増益中の株式会社武蔵野社長でありながら、指導500社中100社が過去最高益、13年連続倒産企業ゼロという“経営のカリスマ”の小山昇氏。『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 を発売直後の著者に、「社員の感性はどうしたら磨かれるか」を聞いてみた。

感性を磨く訓練の場=「環境整備」!
社員全員が「頭のいい人」になれる

 みなさんに質問です。

 「頭がいい人」とは、どのような人だと思いますか?

 一流大学を卒業した人ですか?
 一流企業で働く人ですか?
 記憶力がいい人ですか?

 私が考える「頭がいい人」とは……、

「すぐれた感性と、正しい判断力を備えている人」

 のことです。

 では、もう一つ質問します。

 どうすれば「感性」は磨かれると思いますか?

 たくさん勉強して、たくさん知識を詰め込んでも、感性は磨かれません。
 感性を磨くには、「実際に体験してみる」のが一番です。

 指示されたことは、とりあえずやってみる。やってみれば、「あっ、そうか。こうなっているのか」と気づきます。

 感性とは、この「気づき」によって高められるものです。
 そして、新しい体験を通し、「ああ、なるほど。そういうことだったのか」と発見を重ねていくうちに、物事の判断力も正確になっていきます。

感性は、持って生まれたものではありません。
 持って生まれたものは「素質」と言います。素質は、鍛えることができません。

 しかし、感性は、訓練によって磨くことができる。
 ということは、体験をして、気づきを積み重ねていけば、すべての人が「頭のいい人」になれるのです。

 だから社長は、社員にたくさんの「体験」を与えなければいけません。
 会社が社員に「訓練の場をどれだけ提供できるか」によって、業績は変わります。

 そして、「感性を磨く訓練の場」こそ、「環境整備」なのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小山 昇 [株式会社武蔵野 代表取締役社長]

日本で初めて、「日本経営品質賞」を二度受賞(2000年度、2010年年度)。「落ちこぼれ集団」を「12年連続増収増益」へ導く。指導500社中100社が「過去最高益」、「13年連続倒産企業ゼロ」を達成。2004年に開始した「1日30万円のかばん持ち」制度は、現在、約70人・1年半待ちの人気ぶり。年240回の講演・セミナーを開催。「今日から仕事に役立つ」と現場見学会参加者があとをたたない。著書に『強い会社の教科書』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(以上、ダイヤモンド社)、『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(阪急コミュニケーションズ)など。
株式会社武蔵野


【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―

指導500社中100社が「過去最高益」! 日本初 「日本経営品質賞」二度受賞! 12年連続増収増益の秘密は、「朝一番の掃除」(=環境整備)にあった。“経営のカリスマ”小山昇が 「朝一番の掃除」で、ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密の一部を公開! <指導前> ⇒ <指導後> ◆3億円の「赤字」 ⇒ 3億円の「黒字」(建設) ◆12億円の在庫 ⇒ 在庫40%減! 売上40%増(卸売) ◆2か月間売上ゼロ ⇒ 売上3倍(物流)

「【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!―ガラリと生まれ変わった業種別30社の秘密―」

⇒バックナンバー一覧