ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

願望がある方もない方もぜひ。
実際の「壁ドン」体験ってどんな気持ち?

ブランド価値の実体験が伝わる仕組みをどうつくるか

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第65回】 2014年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

現役の女子中高生が
認める流行「壁ドン」

 突然ですが、最近の若い女性が恋に落ちる時の音は「キュン!」でなく「ドン」なのだそうです。

 若い女性が読む漫画などで、オレ様系イケメン男性が女性を壁際まで追い詰め、壁に手をつき、思いを告白しながら壁を叩いて「ドン」と音を発生させる、やや強引だけど女性も告白を受けて嬉しい……というあれです。

 何でも、これを「壁ドン」というのだそうで。

 数年前、声優の新谷良子さんが「壁にドン」という言葉を発したのが起源ともいわれておりますが、さておき、サイバーエージェントが今年7月、現役の女子中高生444人に実施した「JCJK流行りものランキング」の中の「2014年上半期に流行したモノ・コト」アンケートで堂々の1位を獲得したのが、この「壁ドン」です。

 しかし、現実の世界では若い男子に草食系が増殖中。それなら「ここは一番、アラフォー男性が……」というお話ではなく、今回は、「壁ドン」をリアルに体験できる「壁ドンカフェ」登場のお話です。

 「壁ドンカフェ」は、森永乳業のスイーツ「CAFE MARRIAGE」(カフェマリアージュ)の新製品発売のプロモーションのため、東京・渋谷のスイーツパラダイス原宿店で期間限定で実施されているイベントです。

 同製品のキャッチフレーズが「とろけるスイーツ」であることにちなみ、主なターゲットとなる若い女性たちに「心と舌のダブルでとろける体験」をしてもらおうということで、森永乳業さんと当社を含む数社が知恵を出し合って実現しました。

 実際に「壁ドン」を行うのは、「女性が考える理想の壁ドン男子像」を結集(笑)して造られたオリジナルの「壁ドン専用人形」(次ページ写真)です。人間の皮膚の感触に近いシリコン製の人形が壁に手をついた状態で設置され、壁ドン体験希望者は、「本日の壁ドンレシピ」より、「卒業壁ドン」「幼なじみ壁ドン」「告白壁ドン」など5パターンの壁ドンシーンから好みのシーンを選択します。

 体験者が壁と人形の間に入ることで壁ドン状態になり、希望の壁ドンシーンに合った「とろける壁ドンボイス」が体験できるという仕組みです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧