ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

再上場すかいらーくが示す
“大量出店”時代の終わり

週刊ダイヤモンド編集部
2014年10月20日
1
nextpage

 8年ぶりに再上場を果たしたすかいらーく。時価総額は約2200億円と、外食産業トップの日本マクドナルドホールディングスの約3400億円に次ぐ規模となり、まずまずの船出となった。

10月9日、すかいらーくは東京証券取引所第1部に再上場し、時価総額は約2200億円と外食2位の銘柄になった
Photo by Ayako Suga

 既存店売上高は5四半期連続で100%を超え、2014年12月期の業績見通しは純利益で95億円。上場に伴う大株主ベインキャピタルへの支払いなどが含まれており、一過性の支出を調整した後の実質純利益は129億円(前期比27%増)になる見通しだ。

 目下、外食市場は伸び悩み、日本マクドナルド、ゼンショー、ワタミなど大手企業が軒並み業績不振に陥っている。そうした現状において、これだけの利益を出せるすかいらーくは珍しく、「今の外食プレーヤーとしては堅調」(アナリスト)と評価されている。

 だが、今後の成長戦略は慎重だ。

 出店計画は、今後3年間で210店と全国に約3000店舗を抱える同社の規模からすると極めてスローペース。15年50店、16年70店、17年90店といった具合で、年間300店を出店していたかつての姿とは懸け離れている。

新業態で喫茶や駅前和食

 すかいらーくが新規出店を抑えるのは、過去の反省があるから。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧