ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

われわれは次の世紀への境界を越えた

上田惇生
【第44回】 2008年3月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
未来企業
ダイヤモンド社刊 2400円(税別)

 「自明の理とされてきたことのほとんどがもはや現実と合わなくなり、現実の仕事や生活の方が非現実的な感じを与えている」(『未来企業』)

 ドラッカーは「世界は実際の姿よりも誇大な、あるいは定形というもののない一連のメディアイベントに分解してしまったかのようである」という。膨大な日々のニュース、朝刊夕刊に対するわれわれの姿勢が、すでにこの「メディアイベント」であるのだ。

 世界の動きどころか、近代合理主義の下で日々着実に進歩してきた、先進国の政治と行政さえ、大混乱の渦中、よく言って大転換の渦中にある。

 ドラッカーは「今日の混乱の原因は、われわれが1965年から73年の間のどこかで、次の世紀への境界を越え、過去1世紀ないしは2世紀にわたって政治を形作ってきた信条、公約、権力構造が時代遅れになったことにある」と指摘する。

 つまるところ問題は、18世紀以来、政治の世界において支配的だった集団的な行動による進歩への信仰、要は自明の理とされてきた「社会による社会の救済」なる信条が、根底から打ち砕かれたことにある。

 新しい答えが何かはわからない。だが、連日のメディアイベントのおかげで、われわれは次の世紀への境界を越えたこと、何事であれ柔軟であるべきことだけは学びつつあるようだ。

 「転換期にあって最も危険なことは、馴染みの現実を基に考えを定めることである」(『未来企業』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧