ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

吉野家80円値上げも反応上々
牛丼値上げラッシュ到来か

週刊ダイヤモンド編集部
2015年1月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「380円なら気にしない。これまで通りに牛丼を食べに来ると思う」

 昨年末、吉野家の店舗を訪れた男性客はこう語った。だが、「これが400円を超えたら来る回数が減るかもしれない」と付け加えた。

吉野家では、2014年12月17日に牛丼を値上げした。並盛価格は従来の300円から380円になった
Photo by Ayako Suga

 吉野家は昨年12月17日の15時から、300円だった「牛丼」の並盛を380円に値上げした(税込み価格)。

 値上げの背景にあるのが、米国産牛肉価格の高騰である。米国内での需給バランスが崩れている上、昨今の円安も加わり、国内で流通する米国産牛肉ショートプレートの価格は、2013年9月に1キログラム550円だったものが、14年10月には1080円へと約2倍に値上がりした。

 牛は1年に1頭しか出産しないため、この相場は当面は続くとみられている。

 最大の課題は、値上げが消費者に受け入れられるかどうかだった。ところが、吉野家の12月の既存店売上高は前年同月比で100.2%と上々。客数は91.6%と落ち込んだものの、客単価は109.4%と上昇しトータルで100%を維持した。

次のページ>> 100億円の改善効果
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧