ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

150万円は可能?東京モーターショーで
突き止めた日産の電気自動車“噂”の真相

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第13回】 2009年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2009年10月21日(水)午前9:50、千葉県幕張メッセ。第41回東京モーターショー・報道陣向け公開日初日、三菱自動車工業に続いて日産自動車(以下、日産)のプレス発表が行われた。

 2年前の第40回東京モーターショー(隔年開催)の日産ブースは、黒を基調としたシックな装飾。その中で新型GT-RがV6ツインターボの甲高いエキゾーストノートと共に登場した。対する今年は、「ゼロエミッション」を掲げてホワイト&ライトブルーの装飾。日産の企業イメージは、エコ&EV(Electric Vehicle/電気自動車)へと大転換を成し遂げた。

販売価格は150万円程度と噂される日産の電気自動車リーフ。

 プレゼンターのカルロス・ゴーンCEOは、新型電気自動車リーフを前に、日産のEV戦略の未来像について熱弁した。壇上の車両はリーフに加えて、オートバイのように左右に傾斜して旋回する小型電気自動車のランドグライダー。リーフは今年8月2日の日産・横浜新社屋お披露目で登場し、ランドグライダーはNTC(日産テクニカルセンター・神奈川県厚木市)での報道陣向け事前撮影会に登場している。

日産の小型電気自動車ランドグライダーはオートバイのように左右に傾斜して旋回する。

 そのため、自動車関係の報道関係者は、この2台の電気自動車に対して驚きの顔は見せていない。だが、日本テレビ「リアルタイム」、テレビ東京「モーニングサテライト」、NHK経済ニュースのキャスターや、大手証券会社シンクタンクの研究員など、日産ブースに詰めかけた自動車を主業としないメディア関係者たちの目は、「日本の未来を担うかもしれない(と一般メディアで大きく取り上げられている)」日産の電気自動車の実車に釘付けとなっていた。

 会見中、ゴーンCEOは、日産本社広報部が1日前にプレスリリースした、住友商事とのリチウムイオン二次電池再利用事業にも触れた。それによれば、日産のEVに搭載されるリチウムイオン二次電池は、自動車の一般的な使用期間(日産関係者の話では5~10年と想定)が経つと、新品との比較で容量は70~80%に劣化する。その後、太陽光発電用等の定置型蓄電池として再利用するという。

 また、ゴーンCEOの恒例であるサプライズ発言もあった。リーフの次の量産電気自動車となる「NV」についてだ。NV200バネットは、前モデルまでバネットと呼ばれてきた商用車両で、今年3月のスイス・ジュネーブショーでNV200としてFMC(フルモデルチェンジ)している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧