ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

なぜ就職氷河期世代は
なんとなく会社を辞めたくなるのか

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第9回】 2015年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

就職氷河期経験者の多くが持つ
「仕事のあいまいな不安」

特に積極的な動機もなく、なんとなく会社を辞めたいと思ったことはないでしょうか?
Photo:promolink-Fotolia.com

 「私、このままでいいんでしょうか?」

 弊社で実施している20代向けのキャリア相談会では、こんな相談がたくさん寄せられます。皆さん「転職を考えている」ということで参加されますが、その背後にある理由を深掘りしていくと積極的な動機があるわけではなく、「このままずっと今の会社にいてよいのか」というあいまいな不安感にさいなまされていることが多いのです。

 「会社は有名ではないが勢いがあり、給料も高くはないが悪くもない。自分の扱っている商品やサービスの調子もよく、上司や同僚にも恵まれている。でも、しかし……」

 そんなあいまいな不安の根っこにあるのは「入りたくて入った会社ではない」という気持ちです。「このままでいいのか?」という不安を訴える人の多くは、就職氷河期で志望した職種に就けなかった人です。

 就職の厳しい時期に志望通りではない会社に入社した人たちが経験を積み、一通り仕事を覚え、世間の様子もわかってきたとき、ふと「私がもともとやりたかったのはこういう仕事だったかな?」という疑問が頭をもたげるようです。

「自分は不正解かもしれない」
その焦りが不幸を生む

 子どもの頃からやりたい仕事があって、努力してその仕事に就けた幸せな人がいるのは間違いありません。しかしストレートに夢をかなえた人より、たまたま何らかの仕事に出会って一生懸命打ち込み、その結果幸せになれた人のほうが世の中の多数派だと思います。

 どちらの道がスタンダードであるということはありませんが、やりたい仕事を頑張って獲得するという考え方をする人には「受験ロジック」が見え隠れするのが気になります。要は志望大学というゴールを目指して努力し希望を叶えるんだという思考パターンを、職業の選択にも当てはめようとする傾向があるのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」

⇒バックナンバー一覧