ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「上場ゴール」の最悪IPO
“gumiショック”の波紋

週刊ダイヤモンド編集部
2015年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
いちベンチャー企業の下方修正にとどまらないgumiショック。主幹事が野村證券だったことも尾を引いている
Photo by Takeshi Kojima

 「最悪のIPO(新規株式公開)だ」──。2014年12月に東証1部に上場したばかりのスマートフォンゲーム大手gumiが、投資家から大ひんしゅくを買っている。

 上場わずか2カ月半で業績予想を下方修正しただけでなく、15年4月期は黒字予想から4億円の営業赤字に転落することになったからだ。海外向けの主力ゲームが伸び悩んだためだという。

 企業側の姿勢も酷評の的だ。もともと同社の國光宏尚社長といえば、ベンチャー業界では有名人。上場後のベンチャーの株価が公開価格を下回り続けているにもかかわらず、株を売った創業者やベンチャーキャピタル(VC)だけがもうける「上場ゴール」と呼ばれる現状を問題視。「企業もVCも証券会社もIPOすることだけが目的になってしまっている」とIPOの在り方を批判してきた。

 だが、gumiの株価は公開価格の3300円からずるずると値を下げ、今回の件で一時1451円まで落ち、時価総額も500億円を割り込んだ。その折、財務担当責任者らを中心に経営陣の株放出が発覚、公募よりVCの売り出しが多かったこともあり、自らが「上場ゴール」を体現したのだ。

 しかも、3月5日の業績修正の翌日には、運転資金のための銀行借り入れをしていたことを明らかにした。これが1月末の出来事とあって、「年明けから業績悪化が見通せていたのではないか」とますます投資家を疑心暗鬼にさせた。

 これに対してgumiは「借り入れは開示ミス。1月の売上高の進捗率は95%と順調だったが、2月の実績がかなり落ち込んだ」と故意ではないとの見解を示すが、今回の対応に失望した投資家は少なくない。しかも、問題はgumiだけにとどまらない。

次のページ>> 主幹事の交代が転機
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧