ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ

楽天がアマゾンに勝利!社員満足度でライバル対決

Vorkers(ヴォーカーズ)
【第2回】 2015年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
楽天VSアマゾン、社員満足度で勝つのは…?

 実際に働いてみなければわからない大手人気企業のリアルな姿を、「Vorkers(ヴォーカーズ)」に寄せられた社員・元社員のクチコミからリサーチ。社員満足度と社員による経営者への提言からみる会社の実態をご紹介します。

 2回目は、いわずとしれたインターネット通販の大手、楽天とamazon(アマゾン)。グローバル化を推進する日系企業と、グローバルな外資系企業、それぞれの社員による会社へのリアルな評価を、クチコミから見ていきましょう。

「社員満足度」は楽天が勝ち、
アマゾンは「ワークライフバランス」に強し

 まず、ヴォーカーズによる社員満足度を図る8項目の数値評価からみていきます。この評価項目を総合して見ることで、社員たちの会社での「働きがい」の有無が浮かび上がります。

 チャート図からは、全体的に楽天の社員満足度がアマゾンを上回っていることがわかります。「法令順守意識」、「待遇の満足度」はアマゾンの方がやや高いですが、「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材長期育成」「人事評価の適正感」は、楽天に軍配が上がりました。全8項目中、6項目で楽天の方が社員からの評価が高い結果となりました。

 「法令順守意識」と関係性があると思われる有休消化率、残業時間を見ると、アマゾンの月間平均残業時間が約49時間なのに対し、楽天は約69時間と20時間もの差があり、有休消化率は、アマゾン約61.4%に対し、楽天は約37.2%と約25%の差があることがわかります。

 有休消化率や残業時間によると、アマゾンの方がワークライフバランスの良い環境のようですが、「社員満足度」の評価軸となる8つの項目では楽天の方が高く、社員たちは、ワークライフバランスよりも働きがいに軸を置いて働いていることがわかります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ

普段耳にするコトの多い大企業関連のニュース。一方であまり知ることのない大企業の社員による会社満足度。その声を聞くことで、明らかになりくい本当の会社の実態を知ることができます。今回の特集では、業界大手企業2社をピックアップし、ヴォーカーズに寄せられた社員クチコミからリサーチしていきます。

「クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ」

⇒バックナンバー一覧