ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
魚食王国ニッポン~元気をつくる「浜のめし」 池田陽子

実は宮崎県は「カツオの聖地」、
なのに地元でも知られていない不思議

池田陽子 [食文化ジャーナリスト/薬膳アテンダント]
【第13回】 2015年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
宮崎が誇るカツオ。1本釣りは魚体に傷がつかず見た目にも美しい

 「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」

 新緑萌えはじめるいま、宮崎県では、宮崎市内を中心に「2015宮崎初かつおフェア」が開催中だ。5月10日までの期間中、鮮魚店、大型量販店、飲食店、ホテルなどが参加して、のぼりやポスターを掲げ、かつおやかつお料理を販売、提供し、旬の美味しさをアピールする。

 「カツオは通年獲れますが、宮崎の近海で獲れた初カツオは、香りが高くさわやかな味わいで絶品です」と語るのは宮崎市・(株)宮崎魚市場副社長の下野和文さん。「宮崎初かつおフェア」実行委員会の会長でもある。

 宮崎は「近海カツオ一本釣り漁獲量日本一」を誇る。しかも堂々の「21年連続」だ。カツオは鮮度が命。大型船で行われる巻き網漁で漁獲された場合はすぐに死んでしまい、鮮度が落ちやすくなる。さらに、遠洋で獲れたカツオは水揚げまでに時間がかかって鮮度が落ちる。一本釣り、近海で獲れたカツオは言わずもがな、バツグンの味わいだ。

 そして、宮崎は漁のスタートも「日本一」早い。黒潮にのってやってきたカツオを全国に先駆けて、2月ごろから水揚げする。まさに品質の高い初カツオを堪能するなら、なんといっても「宮崎に行くしかない!」のである。

カツオを持った河野俊嗣宮崎県知事がほほ笑む「宮崎初かつおフェア」のポスター

 ……といってもどれもこれもピンとこない人も多いかもしれない。「カツオといえば高知、のイメージが強いんだよね……」と下野さん。たしかに世間一般的にカツオといえば、瞬時に思い出すのは高知だろう。高知は、国内カツオ消費量が第1位だ。高知市内で「カツオのたたき」はたいていの店で見かけるし、限りなく町を挙げての「カツオ押し」。観光客もカツオのたたきを目指して高知を訪れる。

 一方、宮崎ではカツオは日本一でも影が薄い。じつは当の宮崎県人ですら「宮崎=カツオ」に、まったくピンときていなかったのである。ちなみに、総務省の家計調査では、カツオの一世帯あたり年間消費金額が、1位高知市の9204円に対して8位の宮崎市ではわずか2316円。そのうえ日本一を知らない人すら多かった。

 「そもそも宮崎では、あんまり、カツオを食べる習慣がないんですよ」

 宮崎県人はどうやらあまり、カツオに興味がなかったらしい。

河野俊嗣宮崎県知事と、宮崎初かつおフェア実行委員会のみなさん。前列左端が、下野和文さん

 「好まれるのは、おもにアジや『シビ』とよばれるキハダマグロですね」(下野さん)

 じつはわたしは以前から「無類のカツオ好き」の、“珍しい”宮崎市出身者だ。宮崎の初カツオを食べるのを楽しみに、毎年わざわざこの時期を選んで帰っている。かつて宮崎空港に、初カツオを食べられる店がほとんどなかったことに勝手に憤っていたくらいだ。

 しかし宮崎でカツオがメジャーでなかったのには理由がある。「総漁獲量に対して、宮崎県に流通するカツオは少ないんです」(下野さん)。宮崎県内でさほど人気がないゆえに、もっと値がつく県外に出て行ってしまう。よって、県内では品質のよいカツオが少なくなり、ますます人気が上がらないうえに魚価も下がる、という完璧な負のスパイラルに陥っていたのだ。

 「カツオの刺身はほんとに旨いですねえ。ヅケにしてもうまい。ほかのおかずなんて何にもいらないくらいだね。冷蔵庫にカツオが入っていればもう幸せ、って思いますけどねえ…」とつぶやく下野さん。

 今でこそ、ようやく県民のカツオへの認識も高まり、初カツオを楽しみに訪れる観光客も増えた。今年の「宮崎初かつおフェア」は、2005年のスタート時の3倍という約300店舗が参加する。

 しかし「カツオの聖地」であるはずの宮崎で、これまでカツオが存在感を発揮できなかったのはなぜなのだろうか。その理由を追い求めて、県内で最もカツオ漁の盛んな日南市へ向かった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池田陽子[食文化ジャーナリスト/薬膳アテンダント]

宮崎生まれ、大阪育ちのアラフォー。立教大学卒業後、出版社にて女性誌、ムック、機内誌などの編集を手がける。取材を通して、カラダとココロの不調は食事で改善できるのでは?という関心から国立北京中医薬大学日本校に入学し、国際中医薬膳師資格取得。自身の体調の改善、美容効果などをふまえてふだんの暮らしの中で手軽に取り入れられる薬膳の提案や、漢方の知恵をいかしたアドバイスを、執筆、講習会などを通して行う。また、日本各地の食材を薬膳的観点から紹介する活動も積極的に取り組み、食材の新たな魅力を提案、発信を続け、食文化ジャーナリストとしての執筆活動も行っている。著書に「ゆる薬膳。」(日本文芸社)「缶詰deゆる薬膳。」(宝島社)、「『ゆる薬膳。』はじめたらするっと5kgヤセました!」(青春出版社)などがある。
■HP:www.yuruyakuzen.com
■Facebook:https://www.facebook.com/yoko.ikeda.79

また、鯖をこよなく愛し、日本全国・世界のさば、さば料理、さば缶を楽しみ、さば文化を語り、さばカルチャーを発信し、さばで日本各地との交流をはかることを趣旨に活動している「全さば連」(全日本さば連合会)にて外交担当「サバジェンヌ」としても活動中。
■全さば連HP:http://all38.com
■FACEBOOKページ:http://www.facebook.com/mackerel.cava  

 


魚食王国ニッポン~元気をつくる「浜のめし」 池田陽子

和食が世界遺産に認定され、改めて見直される「魚食文化」。日本各地にはさまざまなおいしい魚が水揚げされ、地元ならではの「魚料理」があります。この連載では日本各地の各種魚の産地を訪ね、「とっておきの漁師料理/ご家庭の魚料理/ご当地魚グルメ」を紹介。あわせて漁の様子、市場の風景など、おいしい「浜のめし」を支える人々の活躍をお届けします。

「魚食王国ニッポン~元気をつくる「浜のめし」 池田陽子」

⇒バックナンバー一覧