ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トンデモ人事部が会社を壊す

あなたの会社を壊す「拒絶・伝言症候群」の恐ろしさ

山口 博
【第25回】 2015年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「人事部を変えてほしい」
カルチャーチェンジの2大課題

 M&Aや組織再編のサポートをクライアント企業に提供させていただいていると、人事部をはじめとするバックオフィスのカルチャーを変えたいという要望に接するケースが多い。カルチャーチェンジの課題は、次の2つのタイプに大別されるように思う。

 ひとつは、拒絶型の人事部を変えるという課題である。ビジネス部門が依頼をすると、「それは、できません」という答えが即座に返ってくるカルチャーを変えられないかという類だ。もう1つは、伝言型の人事部を変えるという課題である。「社長が言っています」、「営業部長が言っています」、「労基署が言っています」という伝言をするだけの人事部を変えられないかという要望である。いずれも、よくあるケースではないだろうか。

 「拒絶型」の例は、①労基署や社会保険事務所など公的機関が認めないのでできないと言うケース、②規程に記載がないからできないと言うケース、③社長や人事部長など決定権者や上位者が認めないのでできないというケース、④過去に前例がないのでできないというケース、⑤自分の担当業務ではないからできないと言うケース――に分類できる。

人事部をはじめとするバックオフィスは、何を依頼しても拒絶したり、誰かのせいにして改革をイヤがる傾向にあることが多い

 「拒絶型」も、「伝言型」も、問題の根源は同じではないだろうか。すなわち、人事部の担当者自身に自分の考えがないことに端を発する。

 あるいは、人事部のヘッドに明確な方針がないのかもしれない。そして、担当者が、ユーザー主体の考え方をしていない。その結果、ユーザーの期待にかかわらず、外部や内部の見解に盲従し、拒絶したり、伝言したりするリアクションとなる。

 法規範に従うことは言うまでもなく必要だが、「拒絶型」はその思いが強すぎるあまり、法規制されていないことまで、されていると思い込んでいる。実は規制されていないことであるにもかかわらず、そして、各社の裁量や人事部の裁量に任されている領域にもかかわらず、ソリューションを打ち立てられない状況に陥る。

 一方、「伝言型」は柔軟でありたいと思うがあまり、さまざまな関係者から右と言われれば右、左と言われれば左と思ったり、それを伝言し続けたりしてしまう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山口 博

やまぐち・ひろし/慶應義塾大学法学部政治学科卒(サンパウロ大学法学部留学)、長野県上田市出身。国内大手保険会社課長、外資系金融保険会社トレーニング・シニア・マネジャー、外資系IT人材開発部長、外資系企業数社の人事部長、人事本部長歴任後、現在、コンサルティング会社のディレクター。横浜国立大学大学院非常勤講師(2013年)、日本ナレッジ・マネジメント学会会員。近著に『チームを動かすファシリテーションのドリル』(扶桑社、2016年3月)がある。

 


トンデモ人事部が会社を壊す

サラリーマンの会社人生のカギを握る人事部。しかし近年、人事部軽視の風潮が広まった結果、トンデモ人事部が続々と誕生している。あっと驚く事例をひもときながら、トンデモ人事部の特徴や、経営陣がすべき対処法などを探っていく。

「トンデモ人事部が会社を壊す」

⇒バックナンバー一覧