ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

日本の「電子政府」の実力はどの程度か?

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第7回】 2007年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 インターネットが切り開いた「すばらしき新世界」の1つの側面は、これまで書面で行なっていた情報のやり取りが、インターネットを通じて電子的に行なえるようになったことだ。手紙や葉書がメールに置き換わったのは、その顕著な例である。

 メールは個人間の情報のやり取りだが、個人や企業と政府との間で行なう情報のやり取りもある。そして、これも原理的には電子化できる。これまでは書面に書いて役所の窓口まで持参しなければならなかった行政手続きが、インターネットを通じてできるようになれば、状況は大きく変わる。これによって個人の日常生活の快適性があがるし、企業活動の効率性も増すだろう。また、多くのデータは政府が提供しているため、これらをインターネットから入手できることの意味も大きい。

 このため、世界のさまざまな国で、「電子政府」への取り組みが積極的に行なわれている。効率的な電子政府を構築できるかどうかは、国の競争力に甚大な影響を与えるだろう。

 日本にも「電子政府」がある。これにアクセスするには、「電子政府の総合窓口」(e-Gov)を開けばよい。

 まず、どのような構想の下に日本の電子政府計画が進められているのかを見ることにしよう。トップページの左上にある「電子政府の推進」を開くと、「電子政府推進計画」という文書がある。そこには、「ITの構造改革力を追求する政策の一つとして、『世界一便利で効率的な電子行政』の実現が掲げられ」たと書いてある。

 世界一の電子行政! 何と素晴らしい計画だろう! そのようなサービスを享受できるわれわれ日本人は、何と幸せなのだろう! そこで、期待に胸を躍らせて、日本の電子政府の中身を見ることにする。

10年近く遅れている検索能力

 まずは、政府が提供しているデータを探すために、トップページの「情報を調べる」のなかの「全府省ホームページ検索」を利用してみることにしよう。

 ところが、実際に行なってみると、誠に不思議なことに、関心のない対象ばかりがヒットしてしまうのである。たとえば、第2回で述べた「公債依存度」を入力してみよう。これを検索している人は、当然のことながら、公債依存度の推移のデータが欲しいのである。各年度の数字が一覧で見たいし、できれば時系列の推移を示すグラフが欲しい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
野口悠紀雄氏の最新刊「円安バブル崩壊」好評発売中!

急激な円高と止まらぬ株価下落。日本経済はいまや深刻な危機に。「サブプライムショック」はあくまでも引き金に過ぎない。根本的な原因は、あり得ない円安・低金利政策にある。経済政策の無能を厳しく指弾する痛快経済エッセイ! 1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道

本当に使える情報源を求めて、野口教授が広大なインターネット・ワールドを駆けめぐる。各種情報源の特徴から使い勝手まで、辛口コメントを交えて大公開!

「野口悠紀雄が探る デジタル「超」けもの道」

⇒バックナンバー一覧