創続総合研究所

親と子では、「見ている時間」が違うのです
~相続における「親の心子知らず」を防ぐ秘訣はどこに?

普段から仲の悪い兄弟はいます。でも、遺産相続をめぐって諍いが起こるのは、たいてい親が亡くなり、相続が発生した後のこと。「あんなに仲のよかった子どもたちが……」というパターンが、非常に多いのです。そうならないためには「生前の準備」が必要だといわれますが、では、どうして「準備」はなかなか進まないのでしょう? 円満な相続を実現するコツは何なのか? 相続に詳しい斎藤英一税理士(税理士法人斎藤会計事務所)に聞きました。

相続税がかからない「少額」でも揉める

斎藤 遺産相続をめぐる争いというと、大富豪の一家みたいなのを想像しがちだと思うんですが……。

斎藤英一氏
税理士/税理士法人斎藤会計事務所所長
1988年の事務所開業直後から会社設立支援に力を入れ、創業・融資・事業拡大と100社を超える経営計画のサポ-トを行う。近年は高齢の親を持つ子世代を対象にしたWebサイト「オヤノコト.net」で自らの体験を生かした相続人向けの相続について連載。またハウスメ-カ-や銀行主催の相続税セミナ-講師も務める。著書に『親子で進める二世帯住宅節税』(幻冬舎)など。

八木 実際は違うんですね。

斎藤 表を見てください。相続争いが裁判所の調停に持ち込まれて、それが成立した案件の数なのですが、なんと75%は遺産が5000万円以下でした。統計は2012年のもので、相続税の基礎控除(*)が引き下げられる前だから、遺産が5000万円というのは、無条件で相続税がかからない水準なんですよ。

八木 にもかかわらず、これだけ多くの相続が、調停まで行ってしまう。まさに「相続税問題と相続問題は違う」ということが、よく分かる数字ではないでしょうか。「いくらもらえるのか」もさることながら、その前に、相続人の間の様々な感情が前面に出てくるわけですね。

斎藤 そう思います。前回紹介したのとちょっと似たところがあるのですが、こんな事例がありました。相続人は、親と同居する息子さんと、お嫁に行った娘さんの二人。まずお父さんが亡くなったのですが、その時には遺産のほとんどをお母さんが相続し、息子さんにも少し渡りました。娘さんにはゼロです。娘さんは、「兄は親と同居してるし、まあいいか」という感じだったんですね。
 ところが、お母さんが亡くなった相続では、「私も言わせてもらうわ」というふうに、姿勢がガラリと変わったのです。ちなみに、相続財産は、自宅を含めて3500万円ほどでした。

八木 娘さんにとっては、遺産を手にする最後のチャンスでもあるし……。

斎藤 息子さんの話し方も、彼女の怒りの炎に油を注いでしまったんですよ。「おふくろは、『お前が心配だから、遺産は全部やる』と言っていた。ずっと親と同居してきたのだし、僕が100%もらって当然だろう」と。娘さんのほうは、「そんな話、聞いたことがないわよ!」と一歩も引かない構えで、トラブルになってしまいました。


* 相続税の基礎控除 「遺産総額がここまでなら、相続税がかからない」というボーダーライン。2015年1月から、「3000万円+600万円×法定相続人の数」と、それまでより4割引き下げられた。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧