ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

消費者が情報をスルーするパターン

「どう伝えるか」よりも 「何を伝えるか」

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第86回】 2015年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

関係の薄い情報が
スルーされるパターン

 情報量が爆発的に増えた今、企業の「伝えたい」情報が以前のように伝わらなくなっています。

 誰の元にも、毎日のように数多くのメールやターゲティング広告が届く状況で、受け手にそれらを全て開封して読んでもらうことなど、到底期待できません。消費者は、情報処理能力を無駄なく使うため “情報バリア”を張り、自分に関係の薄い情報と接触しないで済むようにする術を身に付けています。

 つまり、すでに「伝える=伝わる」時代ではなくなってしまったのです。企業が広告として消費者に届けようとする情報の多くはノイズとみなされ、“情報バリア”ではねかえされてスパムと化しています。

 消費者は実際にどのように情報をスルーしているのでしょうか。それには、(1)無視する(2)切り捨てる(3)放置する、の3つのパターンが考えられます。

(1)無視する
 そもそも、その情報に気付かない場合も含め、存在を認識していないということです。今の消費者は、無意識に広告を無視してしまっているのです。

 例えば、あなたは昨日見たネット広告を一つでも覚えていますか? おそらく多くの人が、一つも覚えていないでしょう。

 あるアイトラッキング実験によれば、多くの人がネットメディアの画面の上部と右側を無意識のうちに見ていないか、もしくは見ていても、そこにある情報を全く認識していなかったそうです。これは、画面を毎日見ているうちに、上部と右側にある情報の多くが広告であることを学習し、次第に認識さえしなくなったということなのだそうです。

 スマートフォン向けに最適化された広告については、画面がパソコンやタブレットに比べて小さいだけに、広告の存在はより強く感じられます。

 急ぎ何かを検索したい時、メールを送りたい時、ソーシャルメディアに投稿をしたい時など、広告が本来の目的である操作の邪魔になることもあって、ともすると嫌悪感を抱かれてしまいます。結果として、ブランドイメージを落としてしまいかねません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧