ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

商社は“冬の時代”から抜け出せた!?
投資家必見「財閥系」「非財閥系」の優劣

高田直芳 [公認会計士]
【第31回】 2010年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 1970年代や80年代のころは「商社冬の時代」というフレーズが飛び交った。その後も時折、同じ言葉を見かけたが、2010年はどうなるのだろう。今回は「商社いまだ冬の時代」かどうかを検証する話をしていきたい。

各社とも「減収減益」だが
なんとか黒字を確保

 商社といえば、三菱・三井という財閥を抜きにしては語れない。その成り立ちについては現在、NHK大河ドラマ『龍馬伝』で三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎が描かれていることからも伺い知れる。

 各種のエピソードはドラマに譲り、早速、本題に入ることにしよう。今回は紹介する分析資料が多く、しかも「財閥」をヒントにユニークな展開を用意しているので、歴史街道を歩いて道草をしている余裕がないのである。

 次の〔図表 1〕は総合商社4社の、前期(09年3月期)の実績と、当期(10年3月期)の予想を比較したものだ。

 

 4社とも右端にある増減率の頭に▲印が付いて「減収減益」を余儀なくされている。ただし、10年3月期の当期純利益は、全社とも黒字を確保する見通しのようだ。

 前回コラムでは鉄鋼業界を取り上げて、原料価格の上昇が企業にジレンマを与えていることを述べた。ところが、総合商社の場合は、原料価格の上昇がむしろ業績改善要因になるといわれる。来期(11年3月期)は各商社とも増益が期待されているというから、経済構造というのは複雑だ。

 第26回コラム(トヨタ編)以降、当期純利益がマイナスであるために、ROE(自己資本利益率)やPER(株価収益率)の扱いに苦労してきた。総合商社を扱う今回は、安心して話を進められそうだ。

 なお、〔図表 1〕では住友商事が省略されている。同社については次回のコラムで、国際会計基準(IFRS)に絡めた「マジカルIFRSツアー」を提供する予定でいる。今回は力を温存するという意味で、ご容赦いただくとしよう。

黒字基調でも伝統的PERは崩壊
「厳冬期」から抜け出すのはまだ先か

 4社とも黒字基調であることに安心して、伝統的PER(株価収益率)を求めたのが〔図表 2〕である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧