ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

簡易な「日本型インボイス」は不正と益税の温床に

消費税制度の信頼を確保せよ

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第101回】 2015年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

馬の生涯に見る
消費税課税の複雑な仕組み

消費税の軽減税率議論に際し、公明党は簡易なインボイスを導入すれば十分と主張しているようだが、これは不正と益税の温床を生む可能性もある

 消費税の軽減税率に関する様々な意見を拝聴して思うことは、消費税制度というものが必ずしも十分に理解されていないということである。

 消費税というのは、下図のように、点々流通する商品やサービスについて、あらゆる段階で少しずつ事業者が納税していき、その負担は最終消費者が負うという多段階課税の間接税である。

(財務省ホームページより)

 これをもっとわかりやすく、「馬の生涯と消費税」ということで考えてみたい。別図は、食肉用としてだけでなく、競走馬もある「馬」を例にとり、「飲食料品」(外食を除く)の軽減税率を考えてみたものである。

(筆者作成)

 食料品が軽減税率(8%)となれば、スーパーなどで販売される馬肉の税率は8%になる。しかし、「馬」自体は競走馬もあるので、食品ではない。その取引には軽減税率が適用されず、消費税は10%である。

 「馬」を枝肉センターでばらしたとしても、ドッグフードなどの原材料として販売される場合には、食品ではないから標準税率になる。毛筆やバイオリンの弓に使われる「毛」も10%の取引である。

 そうすると、どこの時点で馬は取引の税率が8%となるのだろうか。「馬肉」という食料品になる際であろうか。

 枝肉センターは10%で馬を仕入れて、8%のもの(馬肉)と10%のもの(馬肉以外)とを区分して販売する必要がある。スーパーは馬肉を8%で仕入れて、8%で販売することになる。バイオリンの弓を製造する業者やペットフードをつくる業者は、その原材料となる馬の毛や骨を10%で仕入れて、10%で販売することになる。レストランサービスは標準税率のようなので、馬肉を8%で仕入れて10%で販売することになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧