ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「物言う株主」がセブンに突きつけた要求の本当の思惑

週刊ダイヤモンド編集部
2015年11月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

会長在任中の処理を

 しかし、この書簡をじっくり読んでみると、なんとも不思議な内容であることに気付く。

 というのも、抜本的な改革を求めておきながら、そのトップである鈴木敏文・セブン会長のことを褒めたたえているし、かつ進めている改革についても一定の評価を示しているからだ。かつて投資したソニーなどに対する強硬な姿勢とは明らかに違うのだ。

 その理由について、サード・ポイント関係者は「鈴木会長のことは高く評価しているが、その後継者問題を危惧している」と明かす。

 そもそも、ヨーカ堂の創業者はセブンの伊藤雅俊名誉会長。そのため業界では、「伊藤名誉会長がいる間は、ヨーカ堂を切り離すことは難しい」との見方がもっぱらだ。

 サード・ポイント側もこうした事情を「研究しており、容易でないことは認識している」(サード・ポイント関係者)という。

 にもかかわらず、今回、要求を突き付けてきたのは、「鈴木会長ほどリーダーシップがあり決断できる人材はおらず、その後継者では到底無理な話」だとし、であるならば、「鈴木会長の在任期間中にヨーカ堂の処理を進め、株価を引き上げてもらいたい」(同)との意向があるというのだ。

 セブンは今秋、ヨーカ堂の不採算店舗40店程度を閉店する方針を打ち出したが、分離までは検討していない。今後、株主の意向にどう応えるのか。現時点では、「取りあえず静観の構え」(セブン幹部)だとしている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 田島靖久)

previous page
2

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧