ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

消費税の自公協議を難航させる「益税」という火種

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第103回】 2015年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

自公協議が難航する理由の1つ
消費税の「益税」とは何か?    

消費税軽減税率の自公協議が難航しているが、議論の1つに消費税の「益税」という問題がある。「益税」とは何だろうか。

 消費税軽減税率の自公協議が難航しているが、その際の議論の1つに消費税の「益税」という問題がある。インボイス制度のないわが国では、消費税率が上がり、複数税率になると、この問題はますますクローズアップされる。国民にとっての「消費税制度の信頼」という観点から、この問題を捉えていく必要がある。

 とは言っても、「益税」とは何を意味するのか、必ずしも十分な理解がされているわけではない。

 一般的に「益税」というのは、「消費者から預かった税金が税務署に納められず事業者の手元に残ること」である。

 具体例としてよく引き合いに出されるのは、次の例である。

 免税業者がモノやサービスを販売・提供する際に、税抜価格を1000円とすると、別途消費税と称して80円を上乗せし、消費者に1080円を請求するといった場合である。

 では80円が「益税」か、というとそうではない。免税業者といえども、仕入れに際しては消費税を負担している。また、仕入れのような直接コストのほか、電気、ガス、水道、電話などの間接コストにも消費税負担がある。彼らが自らのマージンを確保するには、これら直接・間接コストにかかる消費税額は、消費者に転嫁する必要がある。

 これらの直接・間接コストの総額が800円(税抜き)とすれば、これに対してかかる消費税額64円は、顧客に転嫁すべきものということになる。そうなると、免税事業者の「益税」分は80円ではなく、そこから仕入れにかかる消費税分64円を差し引いた16円ということになる。

 免税事業者の場合、図の青色部分、すなわち自らの付加価値部分(マージン)は納税する必要はないので、それに対応する消費税額(16)をお客に要求すれば「益税」となるが、仕入れにかかるB(64)はお客に転嫁する必要がある。そうでなければ自らのマージン(200)が減ってしまうのである。つまり、免税事業者の「正しい」(益税の発生しない)販売価格は1064ということになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧