ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
0歳からみるみる賢くなる55の心得
【第2回】 2015年11月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

脳と心をはぐくむ
「日本式伝統育児法」って?
――担当編集が「脳科学おばあちゃん」を
丸はだかにする

1
nextpage

ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』。1983年刊は、アマゾンマーケットプレイスで、28,800円のプレミア価格がついた。
「0歳からの伝説の育児バイブル」としてリニューアルした『赤ちゃん教育』は、子育てジャンルのベストセラーとなり、第5刷の緊急重版が決まった。
そして、いよいよ11月20日に、「脳科学おばあちゃん」久保田カヨ子氏(83)注目の新刊『0歳からみるみる賢くなる55の心得』が発売されるという。
なんと、累計25万部突破『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』のベストセラー3部作が、1冊にギュッと凝縮された本だという。
いわば「スーパーBEST版」「83年の生き様が刻印されたベスト・メッセージ集」と言っても過言ではない。
新刊発売直前の「脳科学おばあちゃん」を、子育てと仕事の両立で悩みに悩んだ担当編集者が直撃した。

第18刷のベストセラー
『カヨ子ばあちゃん73の言葉』誕生秘話

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

編集 名著『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』が売れています。
 私は子どもが0歳のときに、子育てで悩みに悩みました。妻からは仕事中に“矢鴨メール”(背中から矢を刺されるようなメール)がくるわけです。
 あのころを思い出すと、夫婦ともによく耐えたなあと思います。じつは、それもこれも、カヨ子さんにすべて助けていただいたのですが……。

カヨ子 そうだったの? 

編集 はい! あれは、東日本大震災直後でした。
 私がカヨ子さんの事務所に押しかけ、
今こそ、どうしてもカヨ子さんの言葉を本にとじ込めたい!!」と熱く語りました。
 当時は、「震災直後のお母さんたちの過酷な状況+子どもたちの不安+私の育児の悩み」が沸点に達していました。現在、日本列島の火山が次々噴火していますが、あの阿蘇山のように、私の頭も爆発寸前だったんです!!

カヨ子 昔のことはよく覚えてないけど、そうだったのね。

編集 それでできた本が、『カヨ子ばあちゃん73の言葉』です。営業部がすごくがんばってくれたおかげで、現在18刷のベストセラーになりました。
 育児の本をつくるのは初めてだったので、どんなレイアウトでどんな内容にするか、いろいろ研究しました。ダイヤモンド社としても、1913(大正2)年の創立以来、ほとんど育児書は出していませんでしたから……。

カヨ子 そんなの知らんがな……。あんたの好きなようにつくったらよろしいのよ。

編集 そうなんです。だから、私と同じく苦しんでいる人がいるはずだから、まずは私の読みたい本をつくろうと思いました。
 もちろん、0歳育児で悩んでいたので、こっそり妻にどういう本だったら買いたくなるかをしっかりリサーチしながら……。

カヨ子育児中の奥さんをしっかりリサーチした。あんたのそれがよかったのでしょうね。あんたのひとりよがりじゃ、きっと売れなかったでしょうね。
 やはり、本は現場で悩んでいるお母さんの代弁者であるべきです!

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


0歳からみるみる賢くなる55の心得

「25万部突破のベストセラー「カヨ子ばあちゃんシリーズ」のスーパーBEST版がついに登場!!『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作を、「日本式伝統育児で生き抜く心をはぐくむ」「自らの生を喜び、感謝の心をはぐくむ」「子どもの脳力が120%アップする」「勉強ができて、心の強い子に育つ」の4パート55の心得として1冊に凝縮。「脳科学おばあちゃん」が教室で20年教え続ける基本の子育て55。脳が賢くなると、心も強くなる!特別付録に「お母さんも子どもも笑顔になる!カヨ子ばあちゃんのらくチ~ン!野菜レシピ14」。本連載では、そのエッセンスを紹介。【脳科学おばあちゃんからのメッセージ】ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください。

「0歳からみるみる賢くなる55の心得 」

⇒バックナンバー一覧