ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

新入社員必読!あなたのビジネスメールが今すぐ劇的に変わる5つの秘策

親近感を伝えつつ「デキる」雰囲気をかもし出す

石原壮一郎 [コラムニスト]
【第7回】 2010年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ビジネスをスムーズに進める上でも、自分の印象を左右する意味でも、メールの重要性や影響力はどんどん増すばかりです。メールを制するものはビジネスを制すると言っても過言では……いや、そこまで言うのはさすがに過言ですね。

 このコーナーでこんなこと言ったら怒られそうですが、ビジネス系の記事のお約束である「これさえできれば、すべてがうまくいく!」といった類のあおり文句は、たいていハッタリです。

 メールが上手に書けるようになっただけで、たちまち「別人のように仕事ができる自分」になれたら苦労しません。

 そこは押さえた上で、でもやっぱりメールの重要性や影響力を十分に認識しつつ、自分のメールに磨きをかけましょう。万能ではないと言っても、ちょっと気をつけるだけで、けっこう劇的に結果が出るありがたいジャンルでもあります。

 と、本筋とは関係なく、「読者に夢を与える」というビジネス系の記事の大切な役割にわざわざケチをつけることで、「この記事はひと味違いますよ」ということを遠回しにアピールしてみました。単に、あらかじめ逃げ道を打っているだけに見えるかもしれませんが、いずれにせよ「そのくらいのもの」としてお読みいただければ幸いです。

秘策その1
「余計なフレーズを積極的に盛り込む」

 全部のメールで実行する必要はありませんが、常にチャンスを伺って、スキあらば実行したいのが「余計なフレーズを盛り込む」という方法。

 まずは、冒頭の「いつもお世話になっております」の次の行に、天気の話題をサラリと入れてみましょう。

 「毎日、よく降りますね」

 「いきなり暑い日になりましたね」

 そういうカジュアルな口調でかまいません。ここで古式ゆかしく「若葉が目にまぶしい今日このごろです」と書いても、相手をうろたえさせるだけです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石原壮一郎 [コラムニスト]

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に「大人養成講座」でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、ビジネスから恋愛まで幅広いジャンルで日本の大人シーンを牽引している。ニンテンドーDSのゲームソフトにもなった「大人力検定」では、世に大人ブームと検定ブームを巻き起こした。「大人のホメ力」「30女という病」「決断道」など著書多数。最新刊は「大人のワザあり!超メール術」(青春文庫)。 ホームページ「大人マガジン」http://www.otonaryoku.jp/


石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

今や、ネットなしでは夜も日も明けません。しかし、メールにせよツイッターにせよSNSにせよ、その“マナー”や“ルール”は極めて曖昧な状態にあります。ネットの危険な落とし穴にはまらないために、ネットをさらに便利に楽しく使いこなすために、いろんな状況における「大人のネットマナー」を追求していきましょう。

「石原壮一郎「大人のネットマナー教室」」

⇒バックナンバー一覧